• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,686アクセス

郡山・ロカド香久山に学ぶ、今、郊外・地方に足りていない物件は?

不動産投資全般/社会問題・情勢 ニュース

2020/09/21 配信

コロナ禍で自宅で過ごす時間が増え、現在の住まい、住んでいる場所に不満を持つ人が増加、住替えニーズが高まっている。たとえば、リクルート住まいカンパニーが2020年5月22日に発表した「新型コロナ禍を受けたテレワーク×住まいの意識・実態」調査では引き続きテレワークを行う場合、テレワーカーの48%が間取り変更を希望し、24%が現在の家からの住み替えを希望しているという。

あるいは2020年6月21日の内閣府の「新型コロナウイルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査」によると、東京23区に住む20代のうち、地方移住に関心を持つ人は35.4%となっている。

実際、リゾート物件専門サイトや空き家掲示板等の閲覧数は増加しており、環境の良い場所に広い住まいを、できれば安価に手に入れたいというニーズが高まっていることが想定される。

地方に目を向ける人が増えているといった趣旨の記事も増えているのだが、ひとつ、これらの記事が見落としている点がある。首都圏郊外、地方の賃貸住宅事情である。

非常に簡単に言ってしまうと、都会に住んでいる人が郊外、地方に移り住もうと思っても適当な物件がない、あってもごくわ

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ