• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

東京・八王子のアパート階段崩落死事故は他人事ではない!大家さん専門保険代理店の代表に聞く「リスク管理」の心得

不動産投資全般/社会問題・情勢 ニュース

2021/04/27 配信

ニュースなどで明るみに出ていないものの、SNS上では東京都八王子市のアパート階段崩落事故と同様の事故が複数報告されている(写真はイメージ)
ニュースなどで明るみに出ていないものの、SNS上では東京都八王子市のアパート階段崩落事故と同様の事故が複数報告されている(写真はイメージ)

築8年でも重大事故は起こる
リスク管理を怠った代償は大きい

50代の入居者が亡くなった東京都八王子市のアパート階段崩落事故の続報が次々と入ってきている。

問題のアパートの完工は2013年。築8年でも施工不良なら事故が起きる。また、同じ施工会社が手がけた物件が複数あるということで、当事者は気が気でないだろう。

事故後は入居者が全員退去し、その費用はオーナーが負担した。修復工事しても、果たして同じ物件に入居者はつくだろうか。入居者の安全を軽視したわけではないだろうが、事故の代償は大きい。

そこで「大家さん専門保険コーディネーター」の保険ヴィレッジ代表、斎藤慎治さんに今改めて不動産投資家が取り組むべきリスク管理について聞いた。

「今回の事故は極めて特異なものです。品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)に基づき、請負人(施工会社など)はアパートの引渡しの日から最低10年間にわたり瑕疵担保責任を負わなければならないことになっています。

築8年ということで、請負人が瑕疵

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ