• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

4,277アクセス

「ひつじ」と暮らせる賃貸住宅など5棟56室、 東海地方で約95%の高稼働率 「ひつじ大家」流 不動産投資術

不動産投資全般/投資家インタビュー ニュース

2020/03/25 配信

4児の父で、サラリーマンの傍ら、東海地方で2008年から不動産投資を始めた「ひつじ大家」こと、矢崎達也さん。空室率の高いアパートを高稼働で運営するノウハウが金融機関に評価され、現在では5棟56部屋を所有し、95%の稼働率で運営する。さらには、「ひつじ」を飼うことで賃貸住宅のブランディングや、地域のコミュニティづくりにも力を入れる。そんな「ひつじ大家」流、不動産投資術をご紹介する。

所有するビルの1階をコミュニティスペースとして活用し、ひつじを飼っている。ひつじ目当てに、入居を決めた入居者もいる。
所有するビルの1階をコミュニティスペースとして活用し、ひつじを飼っている。ひつじ目当てに、入居を決めた入居者もいる。

サブプライムローン問題の影響で、株で大損!
投資先を不動産へ。まずは現金で区分を2戸購入

将来への不安から、株に200〜300万円ほど投資していた矢崎さん。サブプライムローン問題の影響で、株をすべて手放した。次なる投資先を考え、興味を持ったのが不動産だった。

まずは藤山勇司さんの本「サラリーマンでも大家さんになれる〔藤山流〕成功の奥義」など2冊を読んで勉強。現金で買える区分で練習をしようと、当時住んでいた岐阜県各務原市から管理可能な距離で物件を探し、愛知県一宮市で400万円の2LDKを現金で購入。不

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ