• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

24歳の派遣社員から3棟の大家さんに。1500万のローンを3年で完済! 派遣切りや全空も乗り越え大家業12年【後編】

不動産投資全般/投資家インタビュー ニュース

2021/11/11 配信

日本テレビの番組『幸せ!ボンビーガール』に節約生活をしながらアパート経営をする姿が取り上げられた田母神(たもがみ)咲さん。

前編では、24歳、勤続年数1年未満の派遣社員だったときに1棟目のアパートを購入し、満室にするまでを紹介した。今回は2棟目、3棟目にどんな物件を購入したのか? 大家業を始めて12年、改めて感じる不動産投資の魅力や注意点について紹介する。

1
所有物件でDIYを行う咲さん。

貯金マニアにとって借入を増やすのは不本意。
1棟目の完済後2棟目へ! 条件は自分も住みたいかどうか?

「超」がつくほどの節約生活を続けてきた咲さん。銀行に預金をしていても、利子がほとんどつかないことから不動産投資を始めた。借入額を増やしてまで物件を買い増そうとは思わなかった。そのため1棟目の借入620万円を3年で完済後に、2棟目を探し始める。

2棟目はどのように探したのだろう?

「1棟目を買った不動産会社から、営業メールがたびたび届いていました。そのなかで興味を持った物件を見に行ったのですが、雨漏りがあり、ためらっていたら、ほかにもいい物件があると紹介されたのが2棟目です」

2棟目外観
2棟目の外観。築27年ほどだったが、売り主がリフォームをしていたこともあり、状態が良かった。

「2棟目は4戸中3戸埋まっている状態でした。徒歩2分の場所に、父の好きなスーパーがあったことも幸いして、父の評価も上々でした。購入するかどうかの判断基準は、1棟目から引き続き、自分が住みたいかどうか。バストイレ別、キッチンが居室とは別で、日当たりがよく、角地であることも魅力でした」

2棟目室内2
2棟目の室内。ロフトがあり、室内の状態もよく、空室だった1戸も壁紙をDIYで直した程度で、すぐに入居者が見つかった。

1棟目と2棟目を購入する間に、派遣切りに合うも、
職業訓練で、宅建とFPの勉強をし、不動産会社の正社員に

実は1棟目から2棟目を購入するまでの間に勤務先の都合で「派遣切り」にあっていた咲さん。職業訓練に通い、宅建とFPの勉強を行い、宅建士の資格を取得した。

「2棟目の購入時には不動産会社の正社員になっていたのですが勤続年数1年未満だったこともあって、2棟目も1棟目と同じ金融機関から融資を受けて購入しました」

2棟目は1800万で購入。頭金を貯金から捻出し、残る1500万円を、再び金利4.8%の融資を受けた。そしてなんと購入から3年で完済する。

「1棟目よりも早いペースで繰り上げ返済しました。2棟の家賃収入と、正社員の給与から最低限の生活費を差し引いた、ほとんどすべてを返済にあてました」

2棟目も3年で完済し、3棟目へ。
女性用シェアハウス兼、念願の「猫カフェ」を開業

2棟目の完済後すぐに3棟目を購入する。次は以前からやってみたいと考えていた「猫カフェ」ができるような店舗兼住宅として物件を探し、なじみの西武線沿線で、自分も住みたいと思えるような戸建てを見つけ、今度は住宅ローンを利用して購入した。戸建てをシェアハウスにするために9畳あった主寝室を2部屋にわけるようなリフォームを業者に依頼して行った。

3棟目外観2
3棟目外観。シェアハウス兼猫カフェとして利用している。

出口戦略もばっちり? 勤務先に社員寮として売却予定。
今後の目標は、細く長く、猫カフェを続けていくこと!

現在は不動産会社から転職して、屋根や外壁などのリフォームを行う建設業の会社に勤務している。

所有する3棟の出口戦略について聞いた。

「1棟目は築40年目を迎えようとしており、そろそろ外壁や屋根の修繕が必要になると考えています。勤務先がリフォーム業で社員寮を探していたため、1棟目を来年、勤務先に売却しようと考えています。2棟目は状態がいいので当分は保有するつもり。3棟目は、少なくても返済が終わるまでは住む予定です」

咲さんの今後の目標は?

「ある程度夢が叶ったので、今営業している猫カフェを細く長く続けることが目標で、保護猫のシェルターを作ることに興味があります。でも3棟目のローンが完済できたら、また収益物件の購入を考えるかも(笑)」

3棟目猫カフェ
3棟目の一室で営む猫カフェ「cafeゆうなぎ

1500万円を3年で完済するなど、猛スピードで繰り上げ返済を行っているが、お金を貯めるコツは?

「もともと貯金魔で、お金を使うのが好きではなく、贅沢できず、貯まっていく通帳を見てニヤニヤするのが好きなタイプ(笑)。しいていうなら、食費を抑え、収入から最低限の生活費を除いたすべてを貯金に回すことです」

最後に、不動産投資を振り返って感じることは?

「DIYをしたり、大家自ら入居者を募集できるサイト『ウチコミ』を利用したり、多少労力をかけていますが、一度入居者が入れば、長く入居してもらえる場合もあり、大家業は不労所得だと感じることも。ただ空室リスクもありますね。実はいま2戸空室が発生し、リフォームをして募集かけているところです」

それでもこの12年を振り返ると、「派遣社員から思い切ってアパート購入をしてよかった」と断言できるそうだ。

健美家編集部(協力:高橋洋子(たかはしようこ))

高橋洋子

https://yo-coo.wixsite.com/home

■ 主な経歴

暮らしのジャーナリスト。ファイナンシャルプランナー。
大学卒業後、情報誌などの編集を経てライターに。価値0円と査定された空き家をリノベーションし、安くマイホームを購入した経験から、おトクなマネー情報の研究に目覚め、FP資格を取得。住宅、マネー関連の執筆活動を行う。

■ 主な著書

  • 『家を買う前に考えたい! リノベーション』(すばる舎)
  • 『100万円からの空き家投資術』(WAVE出版)
  • 『最新保険業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本』(秀和システム)など

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ