• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

年間3000万のキャッシュフローと 8000万のCASH獲得でFIRE。憧れの タイ移住で悠々自適【ポコさん】

不動産投資全般/投資家インタビュー ニュース

2022/06/11 配信

不動産投資を成功させ、見事、憧れのタイへの移住を実現したポコさん。筆者の大の仲良しの友人、そして人生の先輩で、いつも、ポコさんの行動力に刺激をうけている。今回、あらためてFIREまでの軌跡を聞いたので紹介する。

16198360252752
ポコさんが移住したタイのパタヤビーチ

■不動産投資をはじめたキッカケ

外資系企業のエンジニアとして多くの部下を指揮し、活躍していたポコさん。仕事は充実していたが、教育者になりたいという子供の頃からの夢が忘れられず、40代半ばで転職を決意した。

『外資系企業での経験を生かし、子供達に、社会で役立つロジカルな考え方や、グローバルな視点を教えたかったのです』

ただ、教育者になれた代償として、給与では大きな妥協を強いられた。

『給与は前職の4掛けになり、2人の子供の大学進学期も重なり、金銭面でかなり苦しくなりました』
また、同じタイミングで義理のお義母さんが入院することになり、さらに追い打ちをかけられたという。

支出が収入をこえ、蓄えていた貯金も底をつきてしまう。

この状況を脱して何とか収支を改善したい、そう思い悩んでいた時、昔、読んだ「金持ち父さん、貧乏父さん」の内容を思い出した。

またポコさんの親友が、すでに不動産投資をはじめて拡大する姿を横目で見ていたため、不動産投資を選択することに心理的な抵抗はなかったという。

かくして、2012年に本格的に不動産投資をスタートした。

■順調に拡大

運よく、メガバンクもサラリーマンに積極的に融資、フルローンがでる時期にスタートすることができた。都内、築25年、利回り11%のRCの購入を皮切りに、どんどん、物件を増やしていった。

サラリーマン属性の時に、借りれるだけ、借りようという方針で、築古RC、新築重鉄、新築木造、築古木造など、様々なタイプの物件にレバレッジを効かせ、投資を実行していった。

積算を重視する物件、キャッシュフローを重視する物件、手離れを重視する物件など、一見、一貫していない戦略に感じるかもしれないが、総合的にバランスを考えて、物件を選定しているそうだ。

そんな中、まわりの投資家から非難をあびた物件もあったという。

有名なメーカーで、利回り7%で新築木造アパートを購入した時だ。ポコさんは、あえてサブリースを組んで購入した。

修繕がほぼかからないこと、空室に悩む必要がないこと、ゆえに、キャッシュフローが読みやすくストレスがかからないこと、それが購入理由です』

上述のカテゴリーでいうと、手離れを重視する物件ということになる。ポコさんには、もう一つの、重要な着目点があった。

■隠れた見えない貯蓄に着目

利回り7%だと、手残りのキャッシュフローは多くない。

しかしながら、入居者からいただく賃料で、融資の元金返済を行っているから、残債が毎月着実に減っていく。
売却時は、残債が減れば減るほど、手残りは大きくなる。

本来ならば物件の所有者である大家が返済すべき元金を、入居者が払ってくれている。それが蓄積されて、物件の売却時に一気に手元に入ってくる。

『毎月手にするキャッシュフローの裏で、知らないうちに貯まっているお金に着目しています』

16198315529109
手離れを重視した物件、見えない貯蓄が着実に蓄積されていく

筆者は、手元のキャッシュフローにばかり意識が傾いていたが、この話を聞いてからは、表面上の利回りだけでなく、見えない貯蓄にも目を向け、総合的に判断するようにしている。

■売却も織り交ぜ、CASHを積み上げ

1棟目の都内RCは購入から10年弱で売却。
見えない貯蓄により残債が減少していたこともあり、8,000万円の大きな売却益を獲得することができた。

但し、売却にはなんと4年を費やしそうだ。

『やったことは、単純に売りたい金額でずっと放置です。指値がはいっても一切応じませんでした。売れなくてもインカムがあるからオッケー、売れたらキャピタルゲイン獲得でラッキー、そんなスタンスでしたね』

まさに、持って良し、売って良し、の優良物件だ。

ポコさんは、さらっと4年と言ったが、売りに出して、実際にこの年数が待てるかというと、なかなかできることではない。

せっかちな筆者としては、待つことの大切さを感じた。

■不動産投資の明確な目標を設定

順調に拡大できている、成功の秘訣を聞いた。

目標を決めて、逆算してマイルストーンを設定、毎月、きちんとマイルストーンが達成できているか進捗を追うことです。未達成なら、都度、軌道修正する、これの繰り返しにつきます』

『この考え方は外資系企業の時に、イヤというほど叩き込まれました』
『それに何をするでもスピードが命、即断即決のクセがつきました。おかげで、物件購入の意思決定も、ほぼ即断即決です』
と笑いながら教えてくれた。

たしかに、いつもポコさんからのLineの返信は秒速だ。

目標と、目標までの道のりを可視化、必要なら軌道修正を行い、スピードをもって取り組む、これは成功している人に、共通している要素の一つだろう。

そんな、ポコさんの具体的な目標と結果は以下のとおり。

【目標】
55歳までに年間2,000万円のキャッシュフローと、
CASH1億円獲得して、FIREする、そしてタイへ移住する

【結果】
55歳で年間3,000万円のキャッシュフローと、
CASH8,000万円を獲得してFIREした、そしてタイへ移住した

『年齢はドンピシャ、CASHは2,000万円未達でしたが、年間キャッシュフローが目標を1,000万円上回っていたので、エイヤで、FIREを決めました!』

■FIRE後

FIRE後は、サラリーマン属性がなくなる不安はあったが、仕事に忙殺されなくなり、たくさんの考える時間ができた。考える時間ができたことにより、資産はとんとん拍子に拡大できたという。

FIRE時は、8,000万円のCASHが、1棟目の売却益も手伝い、今では、2.4億円にもなっている、実に3倍の規模だ。

『ストレスから開放され、好きな時に、美味しいものを食べに行ったり、旅行できたりする自由な環境の中で、面白いアイデアがたくさん浮かびました』

不動産投資で獲得したCASHを、米国株や、仮想通貨にも賢く投資して順調に資産を拡大している。また、バランスシートの改善も含め、現金での戸建て投資も積極的に行い、今では戸建てだけで13戸にもなるそうだ。

■人生の3rd STAGE

コロナ禍で海外に渡航できない時期が続き、タイ移住を再考させられたが、今行かなきゃ、いつ行くんだと腹をくくり、タイへの移住を決行した。

16198300761053
目の前がビーチの素晴らしい仕事環境

外資系ビジネスマン時代が1st STAGE、教育者となり不動産投資でFIREするまでが2ndSTAGE、そしてFIRE後の今が人生の3rdSTAGEだ。

3rdSTAGEの目標は、

外資系ビジネスマン、教育者としての経験、そして得意のエンジニアリングと英語を活かし、東南アジアで、満足な教育を受けれない子供たちのためのプラットフォームをつくって国際貢献したいという。

そのための土台として、安定したキャッシュフローを生み出してくれる不動産投資は不可欠だった。

ポコさんのことだから、目標から逆算して、きっちりマイルストーンを設定しているに違いない。具体的なスケジュールを聞いたところ、それは、タイに来たら教えてくれるとのことだった。

海外への渡航制限が解除になりつつあるので、今年、ポコさんに会いにタイに行って、具体的な計画を聞いてみたい。

最後に、タイでの典型的な1日の過ごし方を聞いた。

目の前のビーチの波の音で目が覚め、午前中は、投資や、教育プラットフォームに関する情報収集や打合せ、午後はビーチで読書か、ダウンタウンに出て食べ歩きをしているという。

ストレスフリーの生活だからこそ、教育プラットフォームの具現化に向けて、さらなる良いアイデアが浮かぶにちがいない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

執筆:親バカ大家 (石橋 仁)
富士山

https://twitter.com/hitoshi1114

■主な経歴

経済的自由を獲得したい、子供との時間を一緒に過ごしたい(幼稚園の送り迎え等)一心で、不動産投資をスタート。2015年に1棟目のアパートを購入、キャッシュフロー重視で物件を購入し、現在9棟98室を保有(返済比率37%・残債利回り17%)。大家歴8年目。

趣味は食べ歩き、旅行、そして子供と遊び、成長を見届けること。
米国株、仮想通貨にもアクティブに投資している。
座右の銘は『出来るか出来ないか、ではなく、やるかやらないか!』

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ