• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,240アクセス

テントで会議?空地の新たな活用法となるか、キャンピングオフィス増加中

不動産投資全般/商品・サービス ニュース

2018/05/28 配信

オフィスが変化している。これまでもバブル時にニューオフィスという言葉が流行り、灰色のスティール家具が置かれたオフィスをカラフルにする活動があったが、今回はアウトドア化あるいはリゾート化とでも言おうか、リラックスできる空間を目指す動きである。

そのうちでも目立つのがキャンピングオフィスなる、キャンプ用品を取り入れたオフィス空間作りだ。これは愛知県岡崎市でキャンプ用品の販売などを手掛けるスノーピークビジネスソリューションズが2年ほど前から始めた事業で、OSO/TO(オソト)〜Outdoor Small Office/Third Office〜を推進するというもの。

アウトドアの小さなオフィスを活用することで生まれるメリット
アウトドアの小さなオフィスを活用することで生まれるメリット

オフィスを変える、働く場所を変える、繋がり方を変えることでよりクリエイティブで楽しい働き方が可能になるという仮説のもと、キャンピングオフィスが提唱されており、これまでにも品川駅近くの品川シーズンテラスで期間限定で行われるなどしてきた。

イメージ写真。実際の体験会では床に机と椅子のあるタイプ、座卓を囲んで座るタイプの2種類が用意された
イメージ写真。実際の体験会では床に机と椅子のあるタイプ、座卓を囲んで座るタイプの2種類が用意された

それが今回、常設のキャンピングオフィスが登場す

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ