• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

8,464アクセス

タダで大規模修繕をやってもらえるサービス「タテカエ」が登場

不動産投資全般/商品・サービス ニュース

2018/08/03 配信

リノベーション業界では有名なルーヴィスが不動産管理の新しいサービスを発表した。

R-PMとはルーヴィスのプロパティマネジメントという意味。価値、資産の管理という部分が同社独自
R-PMとはルーヴィスのプロパティマネジメントという意味。価値、資産の管理という、赤くマーキングした部分が同社独自

同社の不動産管理は一般的な不動産管理会社が提供している建物管理、運営管理に加え、リノベーション技術や築古物件を活かすノウハウ、さらには資産、経営を視野に入れた管理が特徴。不動産経営のあらゆる場面で頼りになるビジネスパートナーというわけだが、新サービスはそれをさらに強化する内容だ。

さて、その新サービスの名称は「タテカエ」。と聞くと、建物の「建替え」をイメージするかもしれないが、それではない。お金を立替えるの、タテカエである。どういうサービスかを示したのが以下の図である。

大規模修繕の費用を立替えてもらい、その後にどのような形で返済していくのかを現した解説図
大規模修繕の費用を立替えてもらい、その後にどのような形で返済していくのかを現した解説図

このサービスは大規模修繕時にかかる費用をルーヴィスが立替えてくれ、物件所有者は大規模修繕後にそれを不動産管理の対価と併せて家賃から分割で支払っていくというもの。これなら大規模修繕時に新たに借入れをする、現金を用意する必要がなくなる。現金を手元に置いた

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ