• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,605アクセス

人工知能(AI)、不動産市場でじわり存在感。将来の個人投資家の最重要パートナーとなるか?

不動産投資全般/商品・サービス ニュース

2018/10/06 配信

AI(Artificial Intelligence)。いわゆる人工知能が急速に存在感を増している。野村総合研究所によると、2030年には日本の労働人口の49%とほぼ半数が人工知能による代替が可能と言われ、いまの職業の半分がAIに奪われるかもしれない。

将来なくなる仕事・職業としては、銀行窓口係・受付係・人事系事務員、タクシー運転手・路線バス運転者、機械工、ビル清掃員・ホテル客室員・列車清掃員などなど。列挙すると切りがなく、その中には不動産仲介事業者も名を連ねる。

しかし、その一方で不動産業界では、AIを活用した新たなサービスを展開する事業者も散見するようになった。

横浜ランドマークタワー清掃6
自動運転で広範囲を清掃する。(三菱地所が横浜ランドマークタワーで警備・清掃・運搬に対応するロボットの実証実験のもよう)

オフィスビルを区分販売するボルテックス(東京都千代田区)はアプリケーション会社などと提携、今年3月オープンの「ホテルエミット渋谷」(客室数72室・108人)の全客室、フロント、ロビーに10月1日、AIスピーカーを導入した。

訪日客向けの多言語対応チャットボットとシステム連携し、フロントへの問い合わせの自動化や周辺施

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ