• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,305アクセス

独り暮らし向け賃貸住宅オーナーなら設置しておきたい、電球ひとつで孤独死を防止する「見守り」サービス

不動産投資全般/商品・サービス ニュース

2019/10/16 配信

空室や家賃滞納など、不動産賃貸経営のリスクはいくつかあるが、中でも最近クローズアップされているのは「入居者の孤独死」だ。孤独死とは独居者が誰にも看取られずに病気などの理由で急死し、時間がたってから発見されることをいう。

賃貸住宅で孤独死が起きた場合、発見されるまでの時間が長ければ長いほど、部屋の損傷が激しくなり、階下など近隣への影響も大きくなる。そのリスクを担保するものとして「孤独死対策保険」も登場しているが、それだけでなく孤独死を未然に防ぐ対策も大切だ。

その対策として今、注目されているのが電球ひとつで入居者の安否がわかる「ハローライト」。今年の5月にリリースされてから不動産オーナーや管理会社からの問い合わせが相次いでいるという。
HelloLight_concept_190716a

商品の開発・運営をするハローライト株式会社の代表取締役・鳥居暁社長に話を聞いた。

「ハローライトはLED電球の中にSIMを内蔵したものです。SIMは携帯電話やスマートフォンに差し込んで使う小型のICカードで、モニターのないスマホが電球の中に入っているといえばわかりやすいでしょうか。Wi-FiやBluetoothを使うことなく電球単体がLTE(4G)の回線を使ってイ

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ