• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,620アクセス

「情報収集の方法は?」【初心者向け!不動産投資の基礎講座】物件を探す編@

不動産投資全般/基礎講座 ニュース

2020/09/26 配信

今回からは、実際に投資物件を購入する段階を解説していきます。まず重要なのは、物件についての情報を集めることです。高い買い物ですので、リスクをなるべく減らすため、より多くの情報源にあたるのが賢明です。情報収集の方法

@欲しい物件の条件を絞り込む

まずは自分がどういう条件の物件が欲しいのかはっきりさせることが重要です。物件の情報は膨大にありますから、どういう物件を買いたいか明確でなければ、なかなか選び出すことはできません。

●予算…いくらくらいの物件が欲しいのか。自己資金はいくら出せ、ローンはいくら組むのか

●利回り…表面利回り(=満室で貸せた場合に得られる家賃収入を、物件の価格で割って算出)は何%以上、求めるのか

●物件の種類…1棟もののマンションなのかアパートなのか戸建てなのか、単身者に貸すのかファミリーに貸すのか、新築なのか中古なのか、中古なら築何年なのか、など。

●エリア…首都圏なのか、関西なのか、九州なのか、あるいは特定の都道府県か、など。また、最寄り駅から歩いて何分かかる場所の立地にするか、など。

その上で、実際に情報を集める方法を見ていきましょう。

A投資物件専門のサイトで探す

まずは投資物件専門のサイトで探すのが王道です。代表的なサイトが「健美家」などです。検索条件

トップページを見ますと、「ただいま42×××件ご紹介中!!」とあります。このような膨大な数の物件の中から、検索ボックスで条件を指定し、物件を絞り込んでいきます。

たとえば、「地域」の検索ボックスの三角ボタンを押すと、首都圏、関西、東海などのエリア名が出てきます。「新着24時間」「価格交渉可」など、より細かい条件で探すこともできるようになっています。

条件を指定して出てくる複数の物件のうち、気になる物件があれば、取り扱っている不動産業者に対して、資料を無料で請求することが可能です。物件を気に入れば、その業者とさらに連絡を取り合い、現地見学などのステップに進むことになります。

健美家のような投資物件専門のサイト以外にも、インターネット上には、投資物件を専門に扱う業者のサイトがあります。初心者向きとは言えませんが、競売に出ている物件のサイトなどでも情報を探すことができます。

B不動産業者から直接情報をもらう

伝えること

不動産業者と親しくなり、良い物件の情報があれば流してもらうという方法もあります。業者はプロですので、サイトに載っていない情報を知っているケースがよくあります。「健美家」などで検索した物件の資料を取り寄せることは、不動産業者と関係を作るきっかけの一つになります。

大事なのは、「自分が買いたい物件の条件」をはっきり業者に伝えることです。また、職業、年収などの面で融資を受けて物件を購入できる「買える客」だということを知ってもらうことも重要です。

「買いたい物件」がはっきりしなければ業者も良い情報を選んで流しようがありません。また、業者は物件を紹介し購入してもらうことで手に入る手数料が収入ですので、「買える客」であると分からなければ、積極的に情報をくれません。

もちろん、業者と良好なコミュケーションが取れるといった、社会人としての最低限の能力は必要です。

Cセミナーを利用する

当サイトでも紹介されていますが、各地で開かれる「不動産投資セミナー」を利用して情報を集める方法もあります。新型コロナウイルスの影響で、最近は会場に直接集まるのでなく、ウェブ会議システムを使ったリモート形式も多いようです。

実際に不動産投資を行っている人の体験談や、融資を受けたり節税をしたりする上でのポイントを聞けたりするので、不動産投資家としての知見を広げるのにも役立つといえます。

D「大家の会」に参加する

各地には、実際に賃貸経営をしている大家さんが集まり勉強会や懇親会を開く「大家の会」「家主の会」があります。ここに参加するという手もあります。

大家さん自身の成功談・失敗談を聞けるのはもちろん、大家さんだからこそ知っている物件の情報を教えてくれたり、不動産業者や金融機関を紹介したりしてくれたりといったケースもあります。メンバーによる物件の見学ツアーなども行われます。

ただ、こちらも新型コロナの影響で、実際に集まるのでなく、リモートでの交流が多くなっているようです。

健美家編集部(協力:小田切隆)

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ