• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

5,678アクセス

「法人化して経営する」【初心者向け!不動産投資の基礎講座】管理・運営する11

不動産投資全般/基礎講座 ニュース

2021/01/30 配信

不動産投資では、個人で賃貸経営する場合と、法人を作って(=法人化して)賃貸経営する場合があります。今回は法人化のメリット、デメリットについて解説したいと思います。

@法人化には節税効果がある

一番大きな違いは、法人と個人では税金の扱いが違うことです。オーナーが得る家賃収入について、個人でやっていれば所得税が、法人でやっていれば法人税がかかります。

そして、課税所得によってそれぞれ税率は変わるので、個人でやったほうが節税効果がある場合と、法人を立ち上げたほうが節税効果がある場合の2通り出てくるのです。

まず、個人が払う所得税をみてみましょう。課税所得によっていくらの税率がかかり、いくらの税金を払わなければならないかの速算表は以下の通りです。

国税庁のHPから
国税庁のHPから

たとえば、課税所得が700万円の場合、払わなければならない所得税は、速算表を使って以下のように計算できます。

700万円×23%−63万6000円=97万4000円

これに加えて、住民税(課税所得のおおむね10%程度)がかかります。

一方、法人税はどうでしょうか?

法人税の税率は基本的に、以下のようになります。

国税庁のHPから
国税庁のHPから

これに加えて、法人には「地

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ