• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,803アクセス

「より高く売却するには」【初心者向け!不動産投資の基礎講座】出口戦略3

不動産投資全般/基礎講座 ニュース

2021/02/20 配信

不動産投資における「出口戦略」で、最もオーソドックスな方法は「物件を収益物件として売却する」でした。今回は、物件をより高い価格で売るにはどうすれば良いかをみていきたいと思います。

大前提として考えるべきは、収益物件としての魅力を高めることです。収益が上がりそうだと買主が考えれば、その物件はより高く売れる可能性があります。

逆に、収益が上がりそうにないと買主が考えれば高い価格では売れないでしょうし、まったく買い手がつかない場合もありえます。

主なポイントとして考えられるのが、以下のようなものです。売却ポイント

@空室を減らし、できれば満室にする

物件の空室を減らし、できれば満室経営にしておくことが物件の魅力を高めるポイントの一つです。賃貸経営の収入は入居者からもらう家賃です。空室が多ければ、その分、収入が減りますから、収益性の低い物件だとみなされ、買い手が見つかりにくくなります。金融機関の融資がつくのも難しくなるでしょう。

不動産投資家が何をみて収益性を判断するかというと、重要な要素の一つが「利回り」です。

2020年10月21日配信の「『表面利回り、実質利回りって?』【初心者向け!不動産投資の基礎講座】物件を探

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ