• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,074アクセス

「売却のタイミング」【初心者向け!不動産投資の基礎講座】出口戦略2

不動産投資全般/基礎講座 ニュース

2021/02/18 配信

前回、不動産投資の「出口戦略」の主なパターンとして、@収益物件として売却するA更地にして売却するB買い手が自分で住むための物件として売却するC建て直すなどして新たに活用するを紹介しました。

その中で最も一般的と言えるのが「収益物件として売却する」です。どのようなタイミングで売却することを検討すればいいのか、主な例をみていきたいと思います。

売却タイミング

@物件の価格が上昇しているとき

景気の好転や近所の大規模開発で物件の価格が上昇しているときは売却を検討していい時期です。それまで上げてきた家賃収入の総額もあわせて、売却による一定の利益が見込めるからです。

公益財団法人「東日本不動産流通機構」の今年1月の発表によると、2020年の首都圏での中古マンションの成約単価は1平方メートル当たり55.17万円(前年比3.2%上昇)で、この8年で44.5%上昇しました。

また、成約物件価格も3599万円(前年比4.6%上昇)で、1平方メートル当たり単価と同じく8年連続で上昇となっています。

公益財団法人「東日本不動産流通機構」の資料から。縦軸は「万円」、横軸は「年」。画像は一部加工済み
公益財団法人「東日本不動産流通機構」の資料から。縦軸は「万円」、横軸は「年」。画像は一部加工済み

公益財団法人「東日本不動産流通機構」の資料から。縦軸は「万円」、横軸は「年」。画像は一部加工済み
公益財団法人「東日本不動産流通機構」の資
...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ