• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,310アクセス

壁を作ることで空間を広げる。隠れ家感ある、アウトドアリビング的なバルコニーが魅力の新築賃貸

不動産投資全般/不動産 ニュース

静かな住宅街に立地。建物右側のガラス部分、その裏手、さらにらせん階段の上の2階に3戸の単身者向けの住戸、1階奥にファミリー向けの住戸がある
静かな住宅街に立地。建物右側のガラス部分、その裏手、さらにらせん階段の上の2階に3戸の単身者向けの住戸、1階奥にファミリー向けの住戸がある

目黒区内の住宅街に竣工した、ビーフンデザインによるファミリー向け賃貸住宅を見学してきた。最寄り駅からは歩いて数分とかからない場所ながら、周辺は住宅ばかりが並ぶ静かな場所である。

外国人向け1戸に賃貸3戸の構成

住宅は外国人を意識した、ファミリー向けの広い住宅と、賃貸1室が1階にあり、その手前、公道に面したところに3層になった賃貸住戸、さらに1階の賃貸住宅の上、らせん階段を上がったところにもう1戸の賃貸住戸という作りである。

壁に囲まれた、視線を気にせずに済むバルコニー

らせん階段を上がったところはこんな感じ。右側が居住スペース、窓のある、奥の部分に水回りが配されている
らせん階段を上がったところはこんな感じ。右側が居住スペース、窓のある、奥の部分に水回りが配されている

最初に見せて頂いたのはらせん階段を上った2階にある賃貸住戸。下から見上げるとらせん階段をのぼりきったところから住戸内に入るように見えるが、実際は壁のあるバルコニー。壁があることで周辺から見られることがなく、アウトドアにもう1室あるような感覚のスペースになっている。

洗濯物を干すなど実用的に使えることはもちろん、アウトドアリビングとして寛ぐ空間としても使えそうで、他の物件にない魅力と言えそうである。

左手の壁上部に窓があり、明るい水回り。全体は白く清潔な印象
左手の壁上部に窓があり、明るい水回り。全体は白く清潔な印象

また、トイレ、浴室などの水回りがこのバルコニーに面しているため、窓が設けられているのもポイント。光が入り、明るい水回りになっているのである。

住戸も水回り部分を除き、バルコニーに面した開放的な作りになっている。住宅の建て混んだ都市部なのに外からの視線を気にしないで済むのはうれしい。

交換容易なIHクッキングヒーター利用のキッチン

部屋の奥からキッチン、入口方向を見たところ。開口部が広く、開放的。左側の窓の下には中庭がある
部屋の奥からキッチン、入口方向を見たところ。開口部が広く、開放的。左側の窓の下には中庭がある

住戸自体は細長いワンルームで約14.3畳と広い。入ったところにキッチンがあるだけのごくシンプルな作りである。キッチンはシンクと移動可能なIHクッキングヒーターが置かれているだけ。

住む人にとっては好きにアレンジできる空間と言えるし、貸す側からすると清掃や原状回復がしやすそうな作りとも。特にキッチンは汚れることの多い場所だけに退去後に機器を新品に交換、壁面等を清掃すれば済むのはメリットだろう。

シンプルなキッチン。シンク下に何も作らず、住む人が好きにできるタイプは最近の主流
シンプルなキッチン。シンク下に何も作らず、住む人が好きにできるタイプは最近の主流

3層の賃貸住戸にも最上階にバルコニー

半地下のリビング。右手に寝室などとして使えるロフトがあり、さらにその上に水回りが配されている
半地下のリビング。右手に寝室などとして使えるロフトがあり、さらにその上に水回りが配されている

1階の公道に面した住戸は道路に面して10.3畳の半地下、5.3畳のロフト、そして最上階に水回りという構成。面白いのはここの最上階、水回りにも壁に囲まれた別室的なバルコニーがあること。風呂から空を眺めたり、風呂上りに外でビールを飲んだりと開放的に使えるのである。さほど広い空間ではないが、使い方次第があれこれ妄想できるのが楽しい。

水回りのある最上層のフロア。右手の奥にバスがある
水回りのある最上層のフロア。右手の奥にバスがある
バスの向こうにある、狭いながらも独立したバルコニー
バスの向こうにある、狭いながらも独立したバルコニー

半地下はキッチンがあるリビング的な空間となっており、半分が吹き抜けとなっているので開放的。今後、公道との間に目隠しのために植栽が配されることになっており、そうなると部屋から見上げると緑と空という空間に。それも魅力的である。

使い方でいえば真ん中の層は公道側からは少し奥まったところにあることから、寝室というところだろうか。籠った感じのある空間である。

外国人を意識したら天井の高さは必須

ファミリータイプのリビングルーム。吹抜けの圧倒的な高さがある
ファミリータイプのリビングルーム。吹抜けの圧倒的な高さがある
大型のキッチン。手元が見えないタイプのカウンター式
大型のキッチン。手元が見えないタイプのカウンター式

1階のファミリー向け住戸はさすがに外国人を視野に入れているため、他の住戸とは大きく異なり、吹き抜けのある大空間。外国人向け賃貸では天井の高さや日本人向け以上に充実した水回り等の設備が求められるが、その辺りもよく作りこまれている。

現在は都心のマンションに居住するオーナーが将来住替えても良いように考えてられているという。もう1戸は15.1畳のリビングに4.3畳の寝室のある、仕切りのない空間で、こちらも開放的な作りが印象的。

1階の、もう1戸の賃貸住戸。緩やかに空間が分けられている
1階の、もう1戸の賃貸住戸。緩やかに空間が分けられている

この建物は1階がRC造、2階以上が木造という混構造。これによって1階に広さ、高さともに大きな空間を作ることができるようになっているのである。その分、構造計算、建設費用等は余分にかかるそうだが、長く貸し続けることを考えるとしっかりした躯体は必要ということだろう。

都市部で周囲の視線を気にせずに済む作りであると同時に開放感もある住まいを両立した工夫のある住戸。周辺との位置関係にもよるが、参考になるはずだ。

健美家編集部(協力:中川寛子)

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資ニュース

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ