• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,169アクセス

賃貸住宅マーケットの未来は悪くない!?麗澤大学国際研究所客員准教授 宗健氏に聞く

不動産投資全般/専門家インタビュー ニュース

2019/09/27 配信

少子高齢化による人口減少という構造問題を抱える日本。賃貸住宅オーナーは市場の縮小に危機感を抱く。適正賃料での満室稼働が難しくなっていく中、賃貸住宅市場はどう変わっていくのか、不動産投資家はどのように対応していけばいいのか。麗澤大学国際研究所客員准教授の宗健氏に聞いた。

宗健PHOTO
【プロフィル】  そう・たけし=九州工業大学卒、リクルート入社。リクルートフォレントインシュア社長・リクルート住まい研究所長など歴任。麗澤大学国際研究所客員准教授。博士(社会工学)。

――まずは賃貸住宅の向こう10年以上を見据えてどのような景色を想像しますか。

「都市別に見ると、東京都心3区(千代田・中央・港)では、2030年までに10%以上の世帯数の増加が見込まれる。一方、人口が20%以上縮小するとの予測も36市・259町村で存在する。市場は二極化する。ただし、再開発やインバウンド需要など市場の拡大余地があり、地方で投資余力は限定的であるものの、高齢化によって自動運転やIoTによる見守りといったニーズが確実に拡大する」

「2030年までのおよそ向こう10年については、国立社会保障・人口問題研究所の推計から判断すると、世帯数の減

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ