• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

26,272アクセス

コロナショックで不動産価格は下落。買い時、不動産投資好機の模索が始まる

不動産投資全般/市況 ニュース

2020/04/21 配信

新型コロナウイルス感染拡大を受けて株式市場が大きく落ち込んで、住宅・不動産各社の上場銘柄も2月半ば以降より株価の下落局面が続いた。

しかし、不動産市場の売買取引を見ると、JLLの調査では、昨年10〜12月の商業用不動産の取引額は9855億円となり、1年間の累計額は4兆円を超えている。コロナショック前までの取引の堅調さを印象付けている。

そして、中国・武漢で感染症の問題が出始めた12月末頃から年明け3月までの不動産取引も底堅い。日本の不動産売買市場で3割程度の割合を占めるJリートを見ると、1〜3月まで6753億円の物件取得があり、前年同期比でも増加している。オフィスビルや賃貸住宅といった伝統的な不動産と物流施設への資金流入が続いたのが特徴だ。

健美家原稿4.21日用7

だが、今回の感染症の悪影響はこれから本格化するとの見方が少なくない。

外出自粛や休業要請の事態は、少なくとも向こう数カ月を覚悟しておく必要もありそうで、賃貸住宅の経営にも大きな影響を及ぼすことは必至である。そうした点から国土交通省は、業界団体を通じて入居者の収入減を踏まえて賃料支払い猶予・減免に柔軟に応じる要請を出した。

すでに三菱地所や森ビルなど不動産大手

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ