• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

財政悪化…。コロナ対応で国の借金964兆円に!金利上昇すれば不動産投資家の月額返済大幅アップの懸念?

不動産投資全般/市況 ニュース

2020/07/09 配信

日本の国債残高、GDPの1.7倍に
「持続化」「家賃支援」給付金などで支出拡大

日本財政の「借金頼み」が加速している。新型コロナウイルスの感染拡大による国内経済の落ち込みを防ぐため、政府は2回にわたって補正予算を編成。日本の国債残高は964兆円と、国内総生産(GDP)の約1.7倍に膨張した。

心配されるのは、財政悪化への懸念から「国債売り」と「金利上昇」の圧力が強まることだ。融資金利にも上昇圧力が波及し、かりに1億円の融資金利(3%)が、5年目に8%へ急騰すれば、月当たりの返済負担が26万円、跳ね上がるという試算もある。不動産投資家にとって、他人事ではない。

写真1

日本の住民全員に現金10万円を給付、新型コロナの影響で売り上げが激減した事業者に最大200万円の「持続化給付金」や最大600万円の「家賃支援給付金」…。

政府は、新型コロナによる日本経済への打撃食い止めるためのこうした政策を、2020年度第1次補正予算と2次補正に数多く盛り込んだ。

そして、その財源をまかなうための国債(国の借金)発行額は1次、2次合わせて57兆6000億円に。20年度当初予算の分も合わせると、90兆2000億円に達した。歳出

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ