• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,253アクセス

世界基準での見方は?状況次第では拡大の期待も。2021年の東京の不動産市況を展望

不動産投資全般/市況 ニュース

2021/01/11 配信

都市政策の第一人者、明治大学名誉教授市川宏雄氏が所長を務める「グローバル都市不動産研究所」(以下、同研究所)が2020年の東京の不動産市況の推移を振り返り、2021年を予測するレポートを出した。同研究所を運営する株式会社グローバル・リンク・マネジメント代表取締役社長の金大仲氏に解説をお願いした。

レポートは大きく3点から成る。ひとつは2020年の東京の不動産市況の振り返り。これに関しては非常にざっくり言うとマンションは堅調だったものの、オフィスはやや弱含みという状況である。

もうひとつは同様に2020年の東京の地価動向の振り返りである。これに関しては横ばい地域が多く、意外に地価は下がっていない。

そして、最後のひとつは世界の中での東京という観点から考える、2021年の展望だ。これについては他であまり語られていない点である。そこで、レポートの3つのポイントのうちでも、まず、この点について取り上げたい。

東京への投資額は世界でトップ

海外から日本への投資が他国と比べてずば抜けて多いことが分かる
海外から日本への投資が他国と比べてずば抜けて多いことが分かる

レポートではジョーンズラングラサール(JLL)の調査を取り上げ、2020年1-9月期の東京の商業用不動産投資

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ