• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

13,702アクセス

J-REITにも「優待」がある! 高い分配金と年2回の優待!1粒で2度美味しいJリート銘柄!

不動産投資全般/Jリート・小口化商品 ニュース

2021/03/19 配信

株式投資で「優待生活」を楽しむように、J-REITにも分配金(株式投資の「配当金」と同義)だけでなく、「優待」がある銘柄がある。注目銘柄をご紹介する。

J-REIT(ジェイリート)とは、証券市場に上場している金融商品「不動産投資信託」のこと。J-REITを購入すると、株を買うぐらいの小口資金で、大規模大家さんの仲間になれる感じだ。

そのうえ、J-REITの分配金利回りは3〜6%と株式投資よりも高配当なものが多い。分配金が高い理由については、過去記事を参考にしてほしい。

J-REITの優待注目銘柄は2つ!
タカラレーベン、大江戸温泉

株式投資をする個人投資家に人気なのが、株主優待制度を実施している会社に投資する方法だ。

例えばA社の株を100株という最小単位で購入すると、配当金と株主優待の両方がもらえる効率の良い投資だからだ。

J-REITの場合、利益の90%強を投資主(株式会社の株主と同義)に分配するというルールがある為、「分配金が高い」という利点がある。

しかし、それゆえに投資主に優待制度を実施することが難しいのだ。

とはいえ、投資主への優待制度を実施している銘柄が無い訳ではない。今回紹介するのは、個人投資家が使いやすく、お得感がある銘柄に注目した。

タカラレーベン不動産投資法人
大江戸温泉リート投資法人
の2銘柄だ。

ヤマダ電機のお買い物優待券2,500円分が年2回もらえる
タカラレーベン不動産投資法人

タカラレーベン不動産投資法人は小型の総合型リートだ。

スポンサーは4つ。不動産デベロッパーのタカラレーベン・グループ、外資系の投資運用会社PAG、ビジネスホテルやリゾートホテルなどの管理運営をする共立メンテナンス、家電量販店のヤマダ電機を有するヤマダホールディングスだ。

「YAMADAお買い物優待券」
「YAMADAお買い物優待券」

タカラレーベン投資法人(以下、タカラレーベンR)の優待制度は、スポンサーの1つ、ヤマダホールディングスが提供している「YAMADAお買い物優待券」だ。

優待券1冊は、500円分?5枚で2,500円分。

1回の買い物金額が税込み1,000円以上につき、1,000円ごとに500円の優待券1枚が使える。

つまり、もし税込み1,000円ぴったりの買い物なら、500円の優待券を1枚出せば、半額の500円だけの負担でその商品を買えるということだ。

ただし、1回の買い物で優待券は最大5枚(1冊分の2,500円分)しか使えない。高額な商品、例えば10万円の買い物でも割引は最大2,500円分だ。

1回の買い物というのは、複数の少額商品を合わせて購入できるので、上手に使いたい。

お得なのは、税込み1,000円や5,000円など、なるべく1,000円ぴったりの単位に近づけて、半額の割引にする方法だろう。

近所にヤマダ電機がある人には便利な優待だ。なお、ヤマダウェブコムなど通販には使えない等、利用の詳細は確認してほしい。

「YAMADAお買い物優待券」をもらうには、タカラレーベンRの決算期末日時点に同リートの「投資口」(株式会社の「株式」に相当)を10口以上保有しておくこと。

リートの場合は決算が年2回あるのが普通なので、同リートの優待券も年2回(2,500円分?2回)もらえる。

同リートの決算は2月と8月。例えば、8月の決算を狙うなら8月27日(金)までに10口以上の投資口を買っておくと、11月中旬頃に優待券が送られてくるだろう。

利用期限は6ヶ月間。11月に送られてくる優待券の場合は、翌1月1日から6月末までが有効期間だ。

タカラレーベンRは、J-REIT本来の魅力である予想分配金利回りが5%強と高いことも注目だろう。

タカラレーベンリート投資法人のホームページより。スポンサー4つの中に、ヤマダホールディングズがある。
タカラレーベンリート投資法人のホームページより。スポンサー4つの中に、ヤマダホールディングズがある。

第6期(2021年2月期)予想分配金は3,100円/口、第7期(2021年8月期)3,100円/口と発表している。

2021年3月17日終値現在の投資口価格(J-REITの場合の「株価」に相当)は109,000 円、予想分配金利回りは5.69%だ(売買手数料や源泉徴収税などは除く)。

保有物件数34、取得価格合計82,795 百万円(2021年3月1日現在)。
NAV倍率0.94。

※NAV倍率とは、株式のPBR(株価純資産倍率)に当たる。計算式は、投資口価格÷1口当たりのNAV(不動産の時価に基づく純資産価値Net Asset Value)。
PBRのように、NAV倍率が1倍より大きい場合は割高といえる。

大江戸温泉Rの宿泊優待券は有効期限が1年と長い!
年2回来る優待券を貯めて、1回の旅行に全部使うと便利

大江戸温泉リート投資法人は温泉温浴施設を賃貸物件とする小型のリート。

スポンサーは、大江戸温泉物語を運営する「大江戸温泉物語グループ」だ。

大江戸温泉リート投資法人のHPより。
大江戸温泉リート投資法人のHPより。

同リートの投資口を5口以上所有していると1,000円分の宿泊利用券、10口以上所有していると2,000円分の利用券が年2回もらえる。

同リートの利用券の利点は、1回の旅行につき使用枚数が制限されておらず、累積で使える事。

そして利用券の使用期間が1年間と長いことだ。

例えば、年2回送られてくる利用券を貯めておき、両方の有効期限内に行く旅行1回にまとめて使うことができる。

大江戸温泉リート投資法人の投資主優待 宿泊1,000円分利用券。
大江戸温泉リート投資法人の投資主優待 宿泊1,000円分利用券。

ただし、利用券が使えるのは「大江戸温泉リート」が所有している施設だけ。すべての大江戸温泉物語施設で使えるわけではないので注意しよう。

現時点で、大江戸温泉リートの施設は14ある。レオマリゾート、伊勢志摩、伊東ホテルニュー岡部、あたみ、土肥マリンホテル、あわら、かもしか荘、伊香保、君津の森、長崎ホテル清風、幸雲閣、鬼怒川観光ホテル、きのさき、東山グランドホテルだ。

緊急事態宣言下では、一部の施設で臨時休館している。

ホテルや旅館はコロナ禍で苦戦しているところが多いが、大江戸温泉リートは元々インバウンド客が少なく、国内利用者が多い温泉・温浴施設ばかり。

首都圏の緊急事態宣言が解除されても、ワクチン接種の問題もあり、当分は海外旅行に行くのは難しいだろう。

そう考えると、国内での温泉地需要は高まると考えられる。

「宿泊利用券」をもらうには、大江戸温泉リートの決算期末日時点に同リートの「投資口」(株式会社の「株式」に相当)を5口以上保有しておくこと。

5〜10口未満の場合は利用券1枚(1,000円分)、10口以上の場合は利用券2枚(1,000円分×2枚)。

同リートも決算は5月と11月の年2回。1年以上所有していると、利用券は年2回もらえる。

土・日・祝日の宿泊には使えないなど、詳細は確認してほしい。

5月の決算を狙うなら、5月26日(水)までに5口以上、もしくは10口以上の投資口を買っておくと良いだろう。

第10期(2021年5月期)の予想分配金は1,922円/口、第11期(2021年11月期)同1,875円/口と発表している。

予想分配金利回りは、2021年3月17日終値現在の投資口価格(J-REITの場合の「株価」に相当)は80,300円、予想分配金利回りは4.73%だ(売買手数料や源泉徴収税などは除く)。

保有物件数14、取得価格合計36,082百万円(2020年11月30日現在)。
NAV倍率0.70。

なお、タカラレーベンRも大江戸温泉Rも、家族全員が優待をもらえる基準数をそれぞれ購入する方法がある。

家族の一人だけが10口以上、例えば30口を購入しても優待券の数は増えない。しかし、3人家族がそれぞれ10口以上保有すると、家族の数だけ優待券がもらえるのでかなりお得だ。

ホテル系J-REITや、ヘルスケア施設を持つリートにも
割引制度がある!

その他にも、J-REITで優待制度を持っている銘柄がある。

ホテル系のリートでは、投資主向けに宿泊割引を行っている。ジャパン・ホテル・リート投資法人インヴィンシブル投資法人など。

ホテル系リートではなくても、大和ハウスリート投資法人はスポンサーの関連ホテルの割引がある。投資法人みらいも、保有しているホテルの運営会社の協力で、割引が受けられる。

とはいえ、割引を受けた場合の宿泊費と、ネットなどのセール時の金額とを比べた場合、あまり安くない場合がある。使う場合は、どちらが得か見てみよう。

また、ヘルスケア施設を有するヘルスケア&メディカル投資法人大和証券リビング投資法人ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人等は、有料老人ホームなどのヘルスケア施設に関する割引サービスを実施している。

詳しくは各J-REITのホームページで確認してほしい。

J-REITは株式会社と違い、利益のほぼすべてを分配金に回すため、分配金が高い傾向がある。

その上、優待制度を持つJ-REITであれば、1粒で2度美味しいことになる。

なお、優待制度は決算期毎に変更される場合があるので、確認してほしい。そして、投資判断は自己責任で。

健美家編集部(協力:野原ともみ)

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ