• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

実は融資審査に影響する?「総合取引拡大による加点」について【不動産融資攻略シリーズ】

不動産融資/融資戦略 ニュース

2022/02/04 配信

銀行の審査において意外と重要視されているのが
「融資以外の取引がどの程度充実しているか」
いわゆる総合取引の充足である。

総合取引の充足のみで審査を突破することは難しいが、金利など諸条件の改善や、審査部への最後の一押しとして役立つこともあるため、知っておいて損はない分野であろう。

今回の記事では総合取引の観点で加点を行うために何を行うべきか、その理屈について解説していきたい。

tg0010010980m

1.総合取引拡大とは何か

本来、審査というものは「使途」「財源」「保全」の3原則で判断されており、「いかに資金回収を行うか」の基準で判断される。よって、本来総合取引という分野が審査に影響を及ぼすことは少ないように見える。

しかし現実的には銀行も顧客商売を行っており、特に地方銀行までの営利企業では、一定の利益を出すことが常に求められる。

周知のとおり現在は歴史上稀な低い金利水準である。銀行としても貸出金利の利鞘だけで黒字を維持することは難しくなっており、他の取引により黒字を積み上げていくことが求められる。

よって、銀行は既存顧客のネットワークを利用して他の商品・サービスを販売してくることが多い。

具体的には
・資金決済サービス(振込、イ

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ