• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,339アクセス

菅政権も金融緩和に積極的!低金利は継続へ 日銀総裁「連携」強調

不動産融資/その他 ニュース

2020/09/25 配信

日銀、長短金利の操作やETF購入を維持
黒田総裁「政府と変わらず意思疎通」

9月16日に誕生した菅義偉政権は、安倍晋三前政権に続いて大規模な金融緩和策を実行しそうだ。日本銀行は翌17日の金融政策決定会合で、長期・短期の金利操作や上場投資信託(ETF)買い入れによる大規模な金融緩和策の維持を決定。

黒田東彦総裁は記者会見で政権との「連携」を強調した。新型コロナウイルスの感染拡大で銀行が融資の条件を厳しくしているという情報もあるが、超低金利の環境が続くことそのものは、ローンを組める投資家にとり朗報だ。

日銀

「日本銀行としては、政府と意思の疎通を図りつつ連携して金融政策を進めてきた。この点は、菅新総理のもとでも変わりはない」

日銀の黒田東彦総裁は、17日の金融政策決定会合後の会見でこう話した。

さらに、黒田氏は安倍前首相との関係が深く、安倍氏の辞任に合わせて辞めるのでないかとの観測も市場で流れていたが、黒田氏は17日の会見で「途中で辞めるつもりはない。(2023年4月までの)任期を全うする」と断言した。

もともと金融緩和に積極的であることで知られていた黒田氏は、安倍前政権が発足した直後の13年3月に日銀総裁に

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ