• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,378アクセス

長期的には不動産投資市場にも影響? 人が集まり生き残る地方都市のキーワードは「コンパクトシティ」!

政策(不動産投資関連)/街づくり ニュース

2020/08/09 配信

日本が人口減社会に突入しているのは、ご存じの通り。2008年の1億2808万人をピークに減少に転じていて、20年7月時点で1億2596万人になった。

なんと、前年同期比で30万人も減っているそうだ(総務省統計局調べ)。そうしたなか、都心部より地方の方が人口減は激しく、一時は「消滅可能性都市」というワードが世間をにぎわせた。一方、これに歯止めをかける動きも顕著で、それが「コンパクトシティ」への取り組みだ。

人口減に直面している、日本の地方都市。その打開策として期待されているのが、コンパクトシティの構想で、富山市などはすでに取り組みを深めている。
人口減に直面している、日本の地方都市。その打開策として期待されているのが、コンパクトシティの構想で、富山市などはすでに取り組みを始め成果を得ている。

今後の日本を占うキーワード
持続可能な都市・社会を形成

コンパクトシティとは、土地利用の郊外への拡大を抑えつつ、生活に必要な機能が集約することで中心市街の活性化を図った、効率的で持続可能性のある都市、もしくは都市計画を指す。一般的には「高密度で近接した都市開発」「公共交通機関でつながる市街地」「地域サービスや勤務地までの移動が容易」といった機能を備えた都市構造と考えて良いだろう。

日本の場合、戦後に人工が増え経済が右肩上がりだった高度経済成長期に、都

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ