• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,869アクセス

【大家さんが知っておきたい助成金・補助金制度】緑化系助成金・補助金

政策/助成金 ニュース

2019/12/04 配信

屋上緑化

日本の平均気温は上昇中
1990年代以降は高温の年が続出

肌感覚でもわかるだろうが、日本の平均気温は上昇を続けている。気象庁の「日本の年平均気温偏差の経年変化(1898〜2018年)」によると、2018年の平均気温の基準値(1981〜2010年の30年平均値)からの偏差は+0.68℃と、1898年の統計開始以来、6番目に高い結果となった。日本の年平均気温は上昇傾向にあり、とりわけ1990年代以降は高温の年が続出。長期的には100年あたり1.21℃の割合で上昇している。

上昇を続ける日本の平均気温。真夏日や猛暑日は増え、熱中症などトラブルの原因にもなっている。グラフは細線(黒)が各年の平均気温からの偏差、太線(青)は偏差の5年移動平均値、直線(赤)は長期変化傾向、基準値は1981〜2010年の30年平均。 出典:気象庁ホームページより
上昇を続ける日本の平均気温。真夏日や猛暑日は増え、熱中症などトラブルの原因にもなっている。グラフは細線(黒)が各年の平均気温からの偏差、太線(青)は偏差の5年移動平均値、直線(赤)は長期変化傾向、基準値は1981〜2010年の30年平均。
出典:気象庁ホームページより

気温が30℃以上の「真夏日」、35℃以上の「猛暑日」の日数も増えていて、東京においては2019年に真夏日55日、猛暑日12日を記録。熱いのは東京だけではなく、新潟県中条では最高気温40.7℃と、40℃オーバーの都市もたくさんあった。

消防庁に集計によると、2019年5

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ