• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,136アクセス

レインズ「ステータス管理」は使えるのか

政策/制度・サービス ニュース

2016/08/09 配信

■「レインズ」に追加された新機能

2016年1月より不動産流通標準情報システム「レインズ(Real Estate Information Network System)」に新機能が追加されたことをご存じだろうか。「レインズ」とは、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営している不動産業者間のネットワーク・システムであり、一般のユーザーが利用できるものではない。

そもそも売主が不動産業者と結ぶ媒介契約には、専任・専属専任・一般の3種類があり、一社のみと契約を結ぶ形となる専任・専属専任には「レインズ」への登録義務がある。

売主から売却の依頼を受けて専任もしくは専属専任媒介契約を結んだ不動産業者は、その物件情報を「レインズ」に登録する。この情報をもとに複数の不動産業者が購入希望者へ物件を紹介するのが基本的な仲介の流れとなる。

売買契約が成立すれば、売主側の不動産業者が売主から、買主側の不動産業者は買主から仲介手数料を得る。よく「片手」と呼ばれる取引だ。これが売主側の不動産業者が自ら買主を見つけて契約を結べば、売主と買主の双方から仲介手数料を得ることができる。これを「両手」と呼ぶ。

■物件の取引

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ