• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,334アクセス

“ヒト”に優しいオフィス環境作りが不動産価値に!ESG投資とは?

政策/制度・サービス ニュース

2018/02/18 配信

一般的に投資物件の価値は、収益性が重視されることが多い。地域や物件の種類、築年数、賃料などから収益を試算することは当たり前のことであり、だからこそ「収益物件」としての価値がある。

一方、世界的な地球温暖化対策の流れから、建築・不動産部門におけるCO2排出量削減を目指し、建築物の環境性能認証や省エネルギー性能評価などが導入され、物件の価値として評価されている。その次の段階として注目されているのが「ESG投資」だ。

不動産投資分野でもESG投資が注目

ESGとは、「環境(Environment)」「社会(Society)」「ガバナンス(Governance)」の略称。

2006年に国連がESG投資のガイドラインに当たるPRI(責任投資原則)を公表し、ESGの概念を資産運用に導入し、これを受け、国連内のワーキンググループでPRIを不動産に適用する考え方として「RPI(責任不動産投資)」を推進。世界で1,832機関が署名しており、日本でも58機関が署名している(2017年10月時点)。

またこれを受け欧州の主要年金基金グループは、ESG投資を不動産にも適用するために「GRESB」という不動産会社や投資フ

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ