• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,122アクセス

「一括受ガス」解禁は不動産投資家も注目?規制改革推進会議の答申に盛り込まれる!!

政策/制度・サービス ニュース

2018/06/13 配信

政府の規制改革推進会議は64日に「規制改革推進に関する第3次答申〜 来るべき新時代へ 〜」と題する答申をまとめ、安倍総理大臣に提出した。

それによると、

「集合住宅等での「一括受ガス」の容認その他消費者の利益を最大限実現するための措置について検討し、結論を得て、必要に応じて措置を講ずる。」

としている。

 「一括受ガス」とは聞きなれない言葉であるが、これは、マンション管理者等の自らガスを使用しない者(一括受ガス事業者)が、小売供給契約上の需要家としてガスを一括して調達し、調達したガスを最終的な使用者であるマンション各戸の入居者へ受け渡す行為をいう。

8984839d3edda37a0d7e94ba4f95db1d_s

つまり、ガス会社と大口契約者として一括契約を結ぶことにより、割安な料金の適用を受け、最終的には入居者のガス料金も低下するというものである。

これに似たものとして、電力の「一括受電」がある。不動産投資家の中には利用している人もいるだろう。

これは、電力の一括受電事業者が、電力会社と割安な高圧電力契約を締結、事業者は受変電設備を有し、高圧電力を低圧電力に変換してマンション等集合住宅の各家庭に販売するというものである。

こちらも割安な高圧電力を購入するため、各

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ