• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,268アクセス

中野区が全国初の制度。安否確認、葬儀費用負担など単身高齢者等入居促進に区が一部費用を負担

政策/制度・サービス ニュース

2019/01/18 配信

単身高齢者、障がい者等の入居については悩ましいところがある。社会的な意義や空室にしておくより良いのではという考えの一方で不測の事態を考えると、簡単には踏み切れないと思う不動産所有者も少なくないはず。

東京都中野区がそうしたオーナーの懸念を払拭する全国初の制度を導入した。名付けて単身高齢者等の住宅確保支援制度「中野区あんしんすまいパック」

これは区が民間事業者と協定を結び、民間事業者が入居者の安否確認、入居者が死亡した場合の葬儀費用・家財の片づけや原状回復等にかかった費用補償(葬儀と合わせて合計100万円以内)を行うというもの。

中野区は初回登録料の1万6200円を全額負担する。その後にかかる月額1944円は入居者負担。入居者には週に2回、安否確認の電話がかかり、その結果は指定連絡先にメールで送られる仕組み。これなら入居者の体調不良などが早めに分かり、不測の事態を回避できるようになるだろう。

補助対象者は前年の所得額が256万8000円以下となっており、これは単身高齢者の公営住宅入居資格と同等。2019年1月にサービス事業者と協定締結後に開始、初年度は40件の利用を見込んでいる。

中野区の単身高齢者数の変化。他自治体でも似たような状況が想定される
中野区の単身高
...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ