• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

サブリース事業者登録義務化でトラブル激減!?適切な規制で健全な市場に!

政策(不動産投資関連)/制度・サービス ニュース

2019/10/19 配信

賃貸住宅のサブリース契約でトラブルが頻発してきたことを受け、サブリースという言葉は一般に浸透してきた。

家主の受取り賃料の説明が適切に行われているかなど、国土交通省では、引き続き管理に携わる事業者の業務が適正になされることが重要だとしている。賃貸住宅管理業者登録制度の法制化に向けての動きも本格化している。

同登録制度は2016年に改正され、重要事項説明の内容に、サブリースの借り上げ家賃等の将来の変動に係る条件に関する事項などが明記された。

また、借地借家法はサブリース契約にも適用されることから、借主たるサブリース事業者も同法により保護されている。このため、中途解約の制限や賃料減額請求権などについて、オーナー側にしっかり説明することも求められている。

そうした中で業界団体の日本賃貸住宅管理協会(日管協)では、一定のルールのもとで、登録制度に加入している事業者であれば、登録していない事業者と比べて管理の透明性と信頼が高いとして非登録事業者との差別化を図りたい考えだ。最終的に消費者とオーナーの保護につなげたいとしている。

業界団体としては、サブリースというビジネスモデルが悪いのではなく、運用会社の質の

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ