• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,600アクセス

遺言書よりも有効!? 大家さんにおすすめ「民事信託」

政策/相続 ニュース

2017/03/21 配信

地主系大家さんの間で話題になっている民事信託(家族信託)について、わかりやすく解説する。不動産投資をこれからはじめる、もしくは、この数年にスタートしたばかりのサラリーマン投資家からすれば未来の話かもしれないが、人は必ず老いるもの。自分の亡くなった「その後」について考えてみたい。

老夫婦イメージ

■次世代への円滑な資産承継や資産の有効活用に

例えば、アパートを複数棟所有している大家さんが、将来的にアパートを特定の子供に相続させたいと考えたとき、生前贈与をしてしまうと、アパート自体の所有権が子に移転する。そうなるとアパート経営だけでなく、名義も子供に移るため、家賃収入は子供の収入となってしまう。

一般的な「法定相続」や「遺言書」の場合では、亡くなるまで家賃収入は得られる反面、加齢や病気などで判断能力を失ったとき……例えば、いきなり倒れて入院となったケースでいえば、その資産を売却・処分することは非常に難しい。こうした際は成年後見制度を活用できるが、成年後見人を立てるまでの期間に3ヶ月前後の期間を要する上、家庭裁判所の監督下に置かれるため、不自由な財産管理を強いられる。

老後資金として家賃収入は親が得たいものの、自分

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ