• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,739アクセス

JR北海道が赤字3路線を廃止?

都市計画・再開発(地域情報)/札幌/北海道 ニュース

2016/11/23 配信

aca08c9b435fc7f5c7a81b01d1023e7b_s
JR北海道の島田修社長は11月18日、単独での路線維持が困難な赤字の10路線13区間を公表した。

10路線13区間という数字だけをきくと、広い北海道のうちの一部に過ぎないように感じるが、そうではない。JR北海道の全路線の約半分にあたる約1,237キロがこれに含まれ、そのうち3区間は廃止が前提となっている。

廃止を前提とするのは、札沼線の「北海道医療大学−新十津川間」(47.6キロ)、根室線の「富良野−新得間」(81.7キロ)、留萌線の「深川−留萌間」(50.1キロ)の3区間。

すべての路線で1日1km当たりの利用者数を示す「輸送密度」が200人を割り込んでいるのが原因で、廃止後はバスへの転換を図る方向で検討する。

また、輸送密度が200人以上2,000人未満の宗谷線の「名寄−稚内間」など8区間については、自治体が線路などの施設を一部保有して維持管理を担うなど、今後は自治体の協力を求める方針。

そのほか、石勝線の「新夕張−夕張間」(16.1キロ)は夕張市が廃止を容認済み。運休中の日高線の「鵡川−様似間」(116キロ)は自治体とJR北海道が設けた協議会で今後の在り方を検討していく。

冬季は雪の影響で道

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ