• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

4,483アクセス

海外不動産投資、有望エリア「テキサス」でも高値買いは禁物。失敗しないように購入時に注意しよう。

都市計画・再開発/海外 ニュース

2018/08/05 配信

前回の海外不動産ニュースでは米国テキサス州の有望性を中心にご紹介した。

トヨタの北米本社がカリフォルニア州トーランスからテキサス州ダラスに移転したことは前回お伝えしたが、実は他にも多くの大手日系会社がテキサス州ですでに事業展開していることはあまり知られていない。今回はいくつかの例をお伝えしたい。

スクリーンショット 2018-08-04 21.55.34

不動産関連以外ではセブンイレブン、ホンダ、キャノン、富士フィルム、日立、日本航空、カワサキ、クボタなどが進出してきている。

生活面では日本食レストランのレベルは5年前の比べるとはるかに充実してきている。ダイソーやくら寿司、日本食スーパーのミツワもオープンし、在米日本人や日本人駐在員の著しい増加を物語っている。

◆JR東海
テキサス州のダラス−ヒューストン間(約385q)を1時間半で結ぶ新幹線事業に、JR東海が現地の子会社を通じて技術支援している。

当該新幹線事業は、計画通りに進めば2019年中に着工、2024年中のに開業を予定しており、建設費は約120億ドル(約1兆3,000億円)と見込まれている。

◆大和ハウス工業
テキサス州の大手不動産会社リンカーン社と提携して、フォートワース市内で大規模な賃貸住宅事業に

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ