• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,449アクセス

海外不動産ナナメ読みCインドネシア編 「シンガポールから1時間、いきなり大自然の知られざる島に投資物件が !?」 

都市計画・再開発/海外 ニュース

日本人が36,000人以上住んでいるシンガポール(平成30年、在シンガポール日本国大使館発表)。東京23区ほどの大きさのシンガポールは、東南アジアを代表する国際経済都市であり、物価は東京並の高さだが、生活水準も教育水準も高い。法人税率の低さや優遇税制もあって、シンガポールに居を移した起業家も多く、またアジア支社をシンガポールに置く企業も多い。

2019年は、近代シンガポール建国の父と言われる英国のラッフルズ卿の上陸からちょうど200年で2018年度の個人所得税について税額の50%(最大200シンガポールドル)の税額軽減措置が設けられるという太っ腹ぶり。

そんなシンガポールからフェリーでわずか1時間。緑濃い熱帯雨林と美しいビーチのあるビンタン島は、インドネシアの島である。

従来の産業は、林業と漁業、そこに昨今は豊富な労働力から「ビンタン工業団地には、新たにハラル食品加工区が設置され、第1号入居企業としてドイツのバイオネジア・オーガニック・フーズが2019年中にも操業を開始する」と投資の波が来ているらしい(JETRO2019年地域・分析レポート)

そんな自然豊かで成長しつつあるビンタン島で大規模なリゾートを抱えるのがシンガポールを拠点としてホテル、リゾート、レジデンス、スパを手がける「バンヤンツリー・ホールディングス」である。グループのもつ4ブランド「バンヤンツリー」「アンサナ」「カッシーア」「ダーワ」のうち、ダーワを除く3ブランドおよび18ホールのゴルフ場をビンタン島で展開する(ちなみに2022年には京都への進出も発表した企業だ)。

DSCN0563

一番プレミアムなバンヤンツリー・ビンタンは、全室ヴィラタイプでインフィニティプールを備えた客室もあるラグジュアリーなホテルでいちばんのプレミアムブランド。アンサナは、フルサービス・ホテル。カッシーアは1ルーム(ロフト付の部屋もあり)のサービスアパートメントタイプ(キッチン、什器など付き)ホテルである。

このうちカッシーアは分譲していて、オーナーはホテルとして客室をレンタルできる。販売は、バンヤンツリー・ホールディングスの「カッシーア・レジデンス」が手がける。

レンタルプログラムはオーナー自身の年間滞在日数が30日と90日と2種類。ホテル収入の40%がオーナー取り分で、たとえばオーナー滞在30日、それ以外の稼働率60%でリターンは5.4%〜8.1%。

土地は、政府から2072年までの定借だ。オーナーは、ゴルフクラブの会員権が付与されるほか、その他の全世界のバンヤンツリーのホテルで滞在費30%や飲食、スパ、ゴルフフィーなどにも割引メリットがある。

一番安い部屋で41u約2,200万円というところ。ホテルオープンとレジデンス販売開始は2017年で、40 %がすでに売却済みだ。オーナーの第1位は当然ながらシンガポール、2位中国、3位はなんとスカンジナビア、オーストラリア、ドイツが並ぶという。

DSCN0554

在シンガポールの日本人はどうか?「ゴルフ場のメンバーシップの方はよく売れているようなのですが、不動産はまだ言語の壁があるように思います」とのこと。

カッシーアの客室インテリアは白を基調に、カラフルな壁紙にはローカルアーティストによる動物のアートがあしらわれとてもモダンでお洒落。ビンタン島までのフェリー代(往復)は64シンガポールドル(約5100円)と気軽には来れそう。

ほかの不動産との比較まではできないのだが、ホテル内の飲食などの物価はインターナショナルなリゾート価格なのでシンガポールとさほど変わらない点からみると妥当な価格そうだ。理のできる食品なども売っていて、長期滞在で楽しむ先として、また在シンガポールの人なら週末の別荘感覚で使えそうだ。

文/小野アムスデン道子
経歴:元リクルート週刊住宅情報関西版編集長、月刊ハウジング編集長を経て、メディアファクトリーにて、世界的なガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集に携わったことから観光ジャーナリストに。東京とオレゴン州ポートランドのデュアルライフと世界中を巡る取材で旅を基軸にしたライフスタイルについて執筆。国内外で物件運用中。ownmedia【W LIFE】で40代からの豊かな暮らし方を発信。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資ニュース

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ