• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,699アクセス

海外不動産ナナメ読みDタイと秋田 「海外コワーキングスペースはコミュニティづくりが肝」 

都市計画・再開発/海外 ニュース

ダイビングのライセンス発行数が世界でトップクラスというタイのタオ島。ダイバーには聖地と呼ばれるこの島で2016年1月からコワーキングスペース「TAOHUB」を運営するオーナーのMOE(小川智恵)さんは、今度は2019年7月 から9月まで秋田に「TANEHUB」を臨床実験的にテストオープンしている。タイの離島と秋田、一見その距離に驚くが、そこにはコミュニティづくりという共通のポイントがあるという。

まず気になるユーザーだが、ウェブデザイナー、オンラインビジネスをしているフリーランサーたちもいるが、中には超大手企業に対してコンサルタントをしている人やなんとデンマークのディベロッパーがいたことも。世界中から澄んだ海を求めて世界中から人が集まる島は、インターナショナルなコミュニティが形成されていて過ごしやすい。

モエさん自身、2004年に初めてタオ島を訪れ、2011年にはウェブサイト制作やデザインの仕事などの請け負い仕事を持って移住。タイ人の友人が欧米人用に物件の買い付けや物件管理をしていて「アパート販売用のオフィスにデスクがあるから、店番を手伝って」と言われたのが事業を始めるきっかけ。

その後、2015年にバリ島でコワーキングスペースに出会い、理解ある方からの融資を受けて、2016年TAOHUBをオープンさせた。料金は 24時間400バーツ、ウィークリー1500バーツ、月5000バーツ(1バーツ=3.44円)。ゲストはいろんな時間帯の国とやりとりしているから24時間営業だという。コミュニティの形成がポイントなので、イベントも多く開催している。

DSC_3480
TANEHUB にて

今やコリビング、物の受け取り、投資、タイでのビジネススタートアップなども提供しており、リゾート物件のような美しいウェブや動画でマーケティングもしている。

旅をしながら働くようなスタイルを持つ世界中から来ている人と人、地元とを繋ぐのが何より楽しいというMOEさん。次なる秋田の「TANEHUB」は、13年前に亡くなった父が秋田に残した唯一の遺産である小さな土地が『負の遺産』 となっているのに驚き、空き家のあふれる秋田の地方エリアの地域活性に貢献 するため始めるという。

TANEHUB にて
TANEHUB にて

実は横浜育ちで、自分自身は秋田のことを知らず、来てみて風が吹き抜ける古家の心地よさを初めて知ったというMOEさん。実験的に9月末までは1週間3000円でアメリカ人、ポルトガル人、日本人ゲストにコリビングとして使ってもらっている。

海外から人が来て賑わうと畑の野菜が余ったからと持って来てくれる人もいる。収益を第一に考える事業ではなく「愛着はあるけど自分で維持は無理」という高齢者のオーナーが多い田舎では、シェアリング事業によって感謝されるというのが実感できるという。

海外からのゲストは発想が本当に自由で、TANEHUB内にテントで住んでいる人も。1カ月以上の滞在は普通。そして、意外と若者ばかりではない。MOEさんは「フリーランスでどこでも仕事が成り立つハイレベルな人は、それなりのキャリアや実績が必要ですから。現地校やフリースクール利用で、子連れで来る人もいますよ」という。TANEHUBのウェブサイトも英語で作られていて、思わず行ってみたくなる感じだ。

過疎化エリアに不動産が残っているのをどうする?というオーナーには、ひょっとしてマーケットは世界にあるのかもしれない。

文/小野アムスデン道子

経歴
元リクルート週刊住宅情報関西版編集長、月刊ハウジング編集長を経て、メディアファクトリーにて、世界的なガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集に携わったことから観光ジャーナリストに。東京とオレゴン州ポートランドのデュアルライフと世界中を巡る取材で旅を基軸にしたライフスタイルについて執筆。国内外で物件運用中。ownmedia【W LIFE】で40代からの豊かな暮らし方を発信。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資ニュース

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ