• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

「京都駅」前の東南部・東九条地区がアートなまちへ。クリエーター集団「チームラボ」のアートプロジェクトが始動!

都市計画・再開発(地域情報)/神戸・京都/関西 ニュース

2021/10/11 配信

「京都駅」東南部エリアに建設予定の「チームラボ」アートミュージアムのイメージ図(出典:「チームラボ」プレスリリース)
「京都駅」東南部エリアに建設予定の「チームラボ」アートミュージアムのイメージ図(出典:「チームラボ」プレスリリース)

「京都駅」東南部の東九条地区で
「チームラボ」のプロジェクトが進行

2021年6月、京都市は「京都駅」東南部の南区・東九条地区にある市有地の活用に関し、世界的なクリエーター集団「チームラボ」を代表とする有限責任事業組合と、ミュージアムを含む複合文化施設の整備に向けた協定を締結した。施設は2024年度に完成する予定という。

京都市は2023年度、京都市立芸術大の下京区崇仁地域への移転計画に合わせ、近隣にある東九条地区の市有地を活用する事業者を昨年度に公募しており、「チームラボ」を選出していた。

市有地は八条通に近い2区画の市有地計約6,600uで、貸付料は年4,000万円、期間は60年を予定している。

インバウンド需要で
地価が一気に上昇

計画地の東九条エリアは、「河原町八条」交差点の東南側
計画地の東九条エリアは、「河原町八条」交差点の東南側

計画地の東九条地区は、「京都駅」南口から東方向に歩くこと10分弱。「河原町八条」の交差点を東南側に進むと、東九条地区がある。

東九条はかつて在日コリアンが集まる居住区で、2005年に公開された日本映画「パッチギ!」の舞台としても知られるエリアだ。

河原町通沿いにはホテルやゲストハウスといった宿泊施設も
河原町通沿いにはホテルやゲストハウスといった宿泊施設も

近年はインバウンドの影響で、訪日外国人観光客を中心に活気を見せていた印象。京都駅から近いという立地の特性が生かされ、ホテルやゲストハウスといった宿泊施設が一気に増え、駅近ながら割安だった地価も上昇した。

2020年からのコロナ禍の影響により、一時の活気は落ち着いたものの、「チームラボ」によるアートプロジェクトでまちの整備が進行中。現在は更地や未利用地が散見されるよになっている。

「アートなまち」として
大いに期待される東九条地区

本プロジェクトでは、「チームラボ」のアートミュージアム、学生や地域住民の方々が利用できる市民ギャラリー、カフェ、アートギャラリーなどを計画。京都市が京都駅東南部エリアにおいて目指す、文化芸術や若者を基軸としたまちづくりの推進を目的とする。

「チームラボ」アートプロジェクトの計画地の一部。先には京都タワーも望める
「チームラボ」アートプロジェクトの計画地の一部。先には京都タワーも望める
業者によって建物の解体工事も進んでいる
業者によって建物の解体工事も進んでいる

計画地の2区画のうち、南側の約5,100uにチームラボの作品を展示するミュージアムや、巨大なアートの中で楽しめるカフェも併設予定。

北側の約1,500uには、世界的な現代アート団体「スーパーブルー」の展示施設をはじめ、京都の学生や地域住民が利用できるアートギャラリーや市民ギャラリーを整備していくという。

アートなまちへと印象を変えつつある東九条エリア。再開発が進み、新たな施設がお披露目されれば、また違った顔をのぞかせてくれるはずだ。

訪日観光客が再び京都に戻り、京都市立芸大の新キャンパスが2023年度に完成すれば、「京都駅」東南部に再び活気がもたらされることだろう。

健美家編集部

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
京都市南区東九条周辺の収益物件はコチラ

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ