• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,772アクセス

人口増加の吹田市、7つの区域計画を設定

都市計画・再開発/大阪 ニュース

健美家不動産投資ニュース

吹田市は、「吹田市立地適正化計画素案」を策定。都市機能誘導地域として7つの区域が設定された。概要は以下の通り。

9a60a8478197bce1988750ca30cebae7_s

ちなみに都市機能誘導地域とは、都市再生を図るため、医療施設、福祉施設、商業施設などの都市機能増進施設の立地を誘導すべき区域として立地適正化計画で定められる区域。

1,北千里、山田、南千里、桃山台区域
多世代が集う千里ニュータウンの活性化を進める。

2,千里山・関大前・豊津・緑地公園区域
若い世代がにぎわうまちの形成を進める。

3,江坂・おおさか東線新駅区域
商業機能に加え文化・教育機能を強化し複合的な魅力の向上を進める。

4,万博記念公園・公園東口・阪大病院前区域
広域性のあるにぎわい創出によりさらなる昼間人口の増加をめざす。

5,宇野辺・千里丘区域
まちの活性化を促進する。

6,JR岸辺・正雀区域
市民の健康寿命延伸をめざす。

7,JR吹田・阪急吹田・相川区域
昼間人口の増加と区域活性化を進める。

市が公表した計画概要にも書かれているが大阪府吹田市は、全国的に人口減少のトレンドにあるなか、人口は増加しており人口密度も高い。上記7エリアを見ても1の北千里〜桃山台、2の千里山〜緑地公園、3の江阪、の北大阪急行電鉄沿線以外にも複数の著名な住宅地が並ぶ。

この吹田市、市域はほぼ市街地であり鉄道利便性も高い。よってコンパクトシティを目指す必要はなく市域全体において都市機能の充実をはかる方向性で計画が策定されている。

例えば「安心して子育てできるまちづくりの推進」として上記7エリアのうち「1,北千里、山田、南千里、桃山台区域」「2,千里山・関大前・豊津・緑地公園区域」「3,江坂・おおさか東線新駅区域」「5,宇野辺・千里丘区域」の4エリアでは保育所・認定こども園を誘導施設としている。

また「文化・教育、学術等が充実したまちづくりの推進」としては「5,宇野辺・千里丘区域」を除く6エリアに既存施設や建設予定の施設があり、市域の過半のエリアが同推進エリアとなっている。

大阪市に隣接、都心部への絶対距離が近いだけでなく、北大阪急行電鉄や阪急京都線、JR京都線と複数の人気路線があり、JRおおさか東線の新駅も予定されている吹田市。

上記の6にあたるJR「岸辺」駅駅前の吹田市と摂津市の両市にまたがる吹田操車場跡地にできる北大阪健康医療都市「健都(けんと)」もこれから進められていく。今後、行政が策定した計画に沿ってさらにどのように伸びていくのか、楽しみだ。

投資を考える場合、その地域の特性に合わせた物件を作るほうが行政の方向とも合致して効率的。行政の方向を売りにすることもできる。吹田市内での投資を考える際にはもちろん、今後、他の自治体でも同種の立地適正化計画が図られる予定であることを考えると、計画そのものを意識しておきたいところだ。

健美家編集部(協力:田中和彦)

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ