• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,448アクセス

大阪駅⇔伊丹空港直結で人の流れが大きく変わる?阪急電鉄が空港への乗り入れ・新路線構想

都市計画・再開発/大阪 ニュース

2017/09/09 配信

全国的にも外国人旅行者が急増するなか、関西国際空港から伊丹空港へ移動し、そこからさらに国内各地へと移動する人の流れが加速している。

しかし、現在、伊丹空港に乗り入れている鉄道は大阪モノレールのみ。関空からはもちろん、大阪市内中心部から移動する場合でも乗り換えが必要となるため、直通バス利用者も多く、アクセスの改善を望む声も少なくない。そんななか、伊丹空港と大阪市内中心部を結ぶ新路線構想が明らかになった。

  • 曽根駅から伊丹空港直結。新大阪駅やなにわ筋線との連絡路線も

9月1日に新聞やテレビなど各メディアが一斉に伝えた、阪急電鉄の伊丹空港乗り入れ構想では、阪急宝塚線曽根駅から伊丹空港までの約3キロを地下で結ぶコースを想定。

工事費用は1千億円規模となる見込みだという。これが実現すれば、蛍池駅で大阪モノレールに乗り換える必要はなくなり、伊丹空港から梅田までの直通路線が誕生する。

また、阪急電鉄は宝塚線と神戸線・京都線を接続する十三駅からJR新大阪駅に連絡する路線と、31年の開業を目指す「なにわ筋線」に連絡する路線も検討している。

スクリーンショット 2017-09-09 3.28.50

  • 実現すれば関西空港⇔伊丹空港が1本でつながる

なにわ筋線は関西国際空港へのアクセスをよくするための新路線で、この新路線構想がすべて実現すれば、関西国際空港から伊丹空港へというスムーズな流れを生み出すことができそうだ。

もちろん、実現に向けての問題は少なくない。大阪のまさに都心での工事となるうえ、すべての構想を実現するためには莫大な事業費が見込まれる。阪急電鉄株式会社の広報室に確認したところ、「現状はあくまで構想段階。

●採算性にかかわる調査や、国土交通省・各自治体との検討を重ね、事業化を検討

これから、社内外含め、さまざまな調査や関係各所との検討会などを経て、事業化を検討していくという段階で、詳細は未定」とのこと。

とはいえ、石井啓一国交相も、1日の閣議後の記者会見で、「構想については聞いている。まず、鉄道事業者、関係地方公共団体等において検討を進めていくことが重要。ただ、空港アクセス鉄道の整備は非常に重要なので、国土交通省においても、近畿圏における空港アクセス鉄道に関する検討会をこの7月に設置したところだ。この検討会における議論等を通じて、関係者における検討を促進していきたい」と述べている。

近畿圏における新たな交通網の整備に向けて、一つの方向性が示されたことは間違いない。

健美家編集部

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ