• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

14,076アクセス

新線・新駅に大型商業施設、区画整理で変わる綱島駅周辺。相鉄・東急直通線工事中。

都市計画・再開発/横浜・川崎・千葉・埼玉/首都圏 ニュース

綱島街道を渡ったあたりで工事が続いている
綱島街道を渡ったあたりで工事が続いている

東急東横線綱島駅周辺で日本全体で見ても希少な新線・新駅の工事が続けられている。これは東急東横線綱島駅と綱島街道を挟んだ地域に作られる相鉄・東急直通線及びその新駅のこと。

神奈川県の県央部に大きなメリット
神奈川県の県央部に大きなメリット

この路線は相鉄・JR東海貨物線・東急東横線を繋ぐことで相鉄線と東急線が相互直通運転を行うもので、完成すれば神奈川県の県央エリアの利便性が大幅に向上することになる。新幹線の停車する新横浜駅を経由することから、東海道新幹線利用時の利便性も高まる。

工事が進む新駅周辺。周辺に低層の建物が残されていることが分かる
工事が進む新駅周辺。周辺に低層の建物が残されていることが分かる

完成は相鉄線とJR線の乗入れが19年度後半、東急線とは22年度後半と当初予定よりはそれぞれ半年、3年半と遅れているが、確実に工事は進んでおり、さすがにこれ以上の遅延はなさそう。

駅前は狭く、タクシー、バスが通ると歩行者は隅に小さくなっている状況
駅前は狭く、タクシー、バスが通ると歩行者は隅に小さくなっている状況

綱島駅周辺ではこれに合わせて駅周辺の区画整理その他の開発が進められている。横浜市によると綱島駅は現在でも駅乗降客数が1日およそ10万人の交通拠点であるにも関わらず、都市計画道路等の整備が遅れているため、綱島交差点を中心に綱島街道では慢性的な交通渋滞が起きているという。

駅前も狭く、バス、タクシーが通るだけでいっぱいいっぱい。歩行者には危険な状況が続いている。また、駅近くであるにも関わらず、低未利用の土地も多い。

左側の太い線が綱島街道。新たに新駅駅前に道路を通し、その周辺を再開発する予定だ
左側の太い線が綱島街道。新たに新駅駅前に道路を通し、その周辺を再開発する予定だ

そこで新駅誕生に合わせ、建物整備とバスターミナルや道路等の整備を一体的かつ計画的に進めているというのである。

計画中の高層ビル。合わせて駐車場、駐輪場なども整備される
計画中の高層ビル。合わせて駐車場、駐輪場なども整備される

それ以外の土地には主に住宅が予定されている。そのひとつが新綱島駅(仮称)の上部に建設する28階建ての再開発ビル。相鉄・東急直通線と同時に完成予定で、地下1階・地上28階建ての複合ビルになる。下層部に商業施設と区民ホール(区民文化センター)などを設置、上部はマンションとなる計画だ。

これだけでも綱島の利便性アップが期待できるが、同駅周辺では2018年の3月末にももうひとつ、大規模商業施設が誕生している。それが駅北側、綱島街道沿いのパナソニック綱島事業所跡地を利用した「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン」(以下、Tsunashima SST)

3月30日にオープンしたアピタテラス横浜綱島。周辺にはドンキホーテやファミリーレストランなども集まっており、利便性は高い
3月30日にオープンしたアピタテラス横浜綱島。周辺にはドンキホーテやファミリーレストランなども集まっており、利便性は高い

ここでは100戸近い集合住宅、オフィスに保育施設、国際学生寮などに加え、アピタテラス横浜綱島なる商業施設が作られた。

綱島街道を挟んで2棟のマンションが。商業施設が魅力であることは間違いない
綱島街道を挟んで2棟のマンションが。右手奥に作られた商業施設が魅力であることは間違いない

スーパーに60の専門店街を備えた同施設が魅力だからだろう、道路を挟んだ向かい側には2棟のマンションがすでに完成している。

商業施設背後で進められているマンション建設。それ以外は比較的低層な建物が多いことも分かる
商業施設背後で進められているマンション建設。それ以外は比較的低層な建物が多いことも分かる

また、商業施設背後では現在建設が進むなど、綱島〜日吉間の綱島街道沿いの利便性向上は住宅ニーズを引き寄せていると言っても良い。

綱島街道を挟んで左が東横線綱島駅側。左手に見えるのは新たに分譲されるマンション。手前は暫定的にだろうか、駐輪場として使われている。こちら側は開発予定地にはなっていないが、大きな影響を受けるのは間違いない
綱島街道を挟んで左が東横線綱島駅側。左手に見えるのは新たに分譲されるマンション。手前は暫定的にだろうか、駐輪場として使われている。こちら側は開発予定地にはなっていないが、大きな影響を受けるのは間違いない

その割に周辺にはまだまだ空地や低未利用な場所も多く、変化の余地がある。歩いてみるとTsunashima SSTから新駅にかけては閉店してしまったファミレスなどの空き店舗やほぼ営業していない旅館などもあり、2階建てくらいまでの建物も多い。

利便性アップもあり、若い世代に人気の綱島。子育て世帯の姿を多く見かけた
利便性アップもあり、若い世代に人気の綱島。子育て世帯の姿を多く見かけた

これからの開発を当て込んでか、暫定的に駐車場などに使われている土地もあることから、これから22年度の開業までには周辺は大きく変わっているかもしれない。

健美家編集部(協力:中川寛子)

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資ニュース

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ