• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

6,544アクセス

横浜にTDLを凌ぐ、巨大テーマパーク?誘致できるかが肝

都市計画・再開発/横浜・川崎・千葉・埼玉/首都圏 ニュース

2020/08/03 配信

旧瀬谷通信基地の立地
旧瀬谷通信施設の立地。駅からは距離があるが車の便は良い

横浜駅から急行で約19分、大和市との境にある相模鉄道本線『瀬谷駅』の北、約2kmほどの場所に長らく米軍に接収され、平成27年6月に返還された旧上瀬谷通信施設がある。総面積は約240ha。

車での利便性を空中写真で確認
車での利便性を空中写真で確認

東京ドームにして52個と広大で、平成以降に全面返還された米軍施設としては全国でも最大規模だろう。ほぼ全域が市街化調整区域内にあり、隣接して保土ヶ谷カントリークラブ、瀬谷市民の森があるなど、緑豊かな土地でもある。

一方で駅からは距離があるものの、東名高速道路横浜町田インターチェンジや旧国道16号、保土ケ谷バイパスに近接しており、車での移動には非常に便利な場所でもある。

複雑な土地所有となっており、土地所有者は約250名ほど
複雑な土地所有となっており、土地所有者は約240名ほど

といっても、活用のためには長らく接収されてきたため、道路などの都市基盤が十分に整備できておらず、複雑に民有地、国有地(それぞれ約45%)、市有地(約9%)が入り混じるという問題もある。

そこで返還後は市と民間都市所有者の間で広大な地域を農業振興ゾーンや土地活用ゾーンに分けて使う、土地利用の具体化の検討のための例示などが行われてきたのだが、令和元年12月の横浜市長の定例記者会見でIRの誘致と並んで上瀬谷のテーマパークについても取り上げられ、以降、話題に。

この時点で市長は「イメージは、お子さんたちが楽しめて、高級なリゾートホテルがあるのではなく、もっと身近な楽しい施設。抽象的ですが、そうしたものではないかと思います」と非常に漠然と語っており、具体的には何も決まっていないという印象だった。

ところが、このところへきてそれが東京ディズニーランド級の超大型テーマパークであるらしいとの報道が相次いでいる。たとえば、7月20日の朝日新聞

テーマパークが構想されているのは、約240人の地権者でつくる「まちづくり協議会」と横浜市が「観光・にぎわいゾーン」とすることで合意した約125ヘクタール。朝日新聞が入手した内部資料では、相鉄HDが昨年4月、「テーマパークを核とした観光開発」を「ベスト案」とする土地活用策を協議会に提案。海外の調査会社に委託調査した結果として、居住人口や観光客が多い首都圏に立地する条件などから、「超大型テーマパーク」の実現可能性があるとしていた。

と書かれており、面積的にも、立地からも東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどといった年間1000万人前後を集める規模に匹敵する超大型テーマパークが想定されていることが分かる。各種報道のうちにはアメリカの大手映画会社のテーマパークとの声も出ている。

ただ、首都圏にはすでに前述の2つのテーマパークがあり、その2つを合わせたほどの広さに展開できる力のある事業者は限られる。実現するかどうかは、事業者サイドが日本、首都圏というマーケットをどう見るかだろう。

ちなみに横浜市では2027年に同地での国際園芸博覧会の開催を計画しており、それに合わせて土地区画整理事業、駅との間での新交通システム建設を進める予定。同時期にテーマパークの一部開業を目指すともされるが、そのあたりは誘致の動向次第。これまで手付かずだった広大な土地があること自体は大きなポテンシャルだが、広すぎるだけに使い方は難しい。だが、ここがどうなるかで周辺のこれからも大きく変わる。今後の動向に注目しておこう。

健美家編集部(協力:中川寛子)

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ