• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,877アクセス

都心勤めの居住者も多い埼玉県和光市:再開発で大型の駅直結施設を建設か

都市計画・再開発/横浜・川崎・千葉・埼玉/首都圏 ニュース

2021/04/15 配信

ZZLZJX0DAmvNnw21617861191

2013年から
工事を施工中

埼玉県和光市は、東武東上線和光市駅の北口エリアで土地区画整理事業を進めている。

事業計画の決定は2008年で、2013年から工事の施工がスタートした。

周辺エリアには狭い道路や古い住宅が多いため、土地区画整理事業では、交通利便性や防災面での課題解決を目指している。

道路や宅地の整備によって宅地の利用推進を図るほか、駅前広場についても整備が予定されている。

なお、当該事業の総工費は約110億円で、予定事業期間は2022年度までだ。

今後の予定としては、2021年度まで道路工事が進められるほか、建物の移転交渉などが行われる。

駅直結大型施設の
建設も検討中

計画の過程において、2020年2月には三菱地所グループおよび大京が事業パートナーに選出された。

和光市が2020年12月に発行した「区画整理だより 第78号」によると、三菱・大京の両社からは駅直結の大型商業・居住施設の建設が提案されている。

スクリーンショット 2021-04-08 15.50.55
駅直結の大型複合施設建設が提案されている

※引用:和光市

また、駅前広場に関しては、当初の計画では4,500uの広さとなる予定だ。

整備後の駅前広場には、現在は設置されていないタクシープールが新設さ

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ