• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,670アクセス

変わる大都市「東京」、新陳代謝を高める街づくりへアクセル。老朽物件の除去・更新で成熟社会に付加価値

都市計画・再開発/東京 ニュース

2018/07/03 配信

いま大都市「東京」が変貌を遂げようとしている。リニア新幹線やカジノ、成田空港・羽田空港をつなぐ新線、JR山手線の新駅、日本橋再生、首都高の地下化など。

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催決定を契機に、都内ではあちらこちらで工事ラッシュだ。街の新陳代謝を進めようと、都内各所で再開発事業や駅の改良工事なども進められている。東京を21世紀型の都市と社会につくり変え、それを世界に発信しようと考えている。

1964年の東京オリンピックの際には、首都高速道路や環状7号線などを連続立体交差道路とし、新幹線を開通させるなど世界に例を見ない効率的な都市構造を実現、その後の高度経済成長に大いに寄与したことが思い起こされる。

東京イメージ

ただ、1964年のときとは全く違う。

2020年の東京オリンピックについて、都市調査会代表で元東京都副知事の青山やすし氏は、

「新しい都市モデルを世界に発信するべき。スポーツや文化・芸術、緑・水辺などに重点を置いて、それらが成熟社会を迎えた21世紀都市のキーワードとなる。

東京には、質の高いオフィスビルやマンションを増やしていくこと以上に、これら質の高い都市空間を増やし、これらを楽しむ

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ