• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

4,142アクセス

撤回署名が2週間で4万人!新駅「高輪ゲートウェイ」の周辺相場はどうなる?

都市計画・再開発(地域情報)/東京 ニュース

2019/01/02 配信

JR山手線の品川・田町駅間で整備中の駅名が、「高輪ゲートウェイ」に決定した。撤回署名が2週間で4万人超集まるなど、イマイチ人気がないことはさておき、「グローバルゲートウェイ品川」との再開発コンセプトの下、2020年春の開業に加え、2027年にはリニア中央新幹線開業も控えるため、街全体で開発が進む品川エリア。

その期待感に呼応する形で、周辺マンション価格も数年前から高い状況が続いている。新駅誕生によって、周辺の不動産市況はどう変わっていくのだろうか―。

スクリーンショット 2018-12-31 18.35.05
街区側外観イメージ図

■周辺駅と連動した再開発プロジェクト
JR東日本が取り組む品川開発プロジェクトは、車両基地跡地13ヘクタールの再開発事業で、新駅と周辺地域を連携させた国際的なまちづくりの実現を目指している。

2018年5月には、国家戦略特別区域会議で品川駅北周辺地区が都市再生プロジェクトとして追加され、第T期計画として、2019〜2024年度にオフィスビルや商業施設、分譲マンションなどが建設される予定となっている。

スクリーンショット 2018-12-31 18.37.09

また、新駅から徒歩圏内の泉岳寺駅前の再開発事業も決定している。業務施設や商業施設、駐車場、住宅(350戸)からなる駅ビルが整備され

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ