• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,151アクセス

都心のど真ん中「築地市場跡地」は今後どうなる?オリンピック駐車場の後は国際展示場?それともカジノ?

都市計画・再開発/東京 ニュース

現在は東京五輪・パラリンピックに
向けて駐車場を整備中

紆余曲折を経ながらも昨年10月に築地から豊洲へと移転し、都心港区に約23haという、大きな空白地帯を生み出した格好の築地市場跡地。今後は東京都の発表や各メディアが報じている通り、まずは東京五輪・パラリンピックの駐車場として使用することが決まっている。

IMG_1581
築地市場跡地の正門そばから。敷地内からは重機の動く音がひっきりなしに聞こえてきた。
奥にあるのは鮮魚荷捌場の建物。手前にあるのは、おそらく水産物部の建物。解体が進められている。
奥にあるのは鮮魚荷捌場の建物。手前にあるのは、おそらく水産物部の建物。解体が進められている。

では、現在はどうなっているのか……。実際に足を運んでみると、市場跡地の周囲は工事用の仮囲いが張り巡らされていて、中の様子はいまいちハッキリしない。とはいえ、建物の解体は進んでいるようで、重機の音が響いてくる。仮囲いの一部には「車両基地整備工事のお知らせ」の看板があり、ここでも、築地市場跡地が東京都2020大会の選手や大会関係者を輸送するバス及び乗用車の管理運営を行う基地に使用される旨がアナウンスされていた。工期は来年3月11日までだ。

駐車場整備工事の案内看板。来年3月にかけて行われる予定だ。
駐車場整備工事の案内看板。来年3月にかけて行われる予定だ。

国際展示場・展示場を中核とした
4つのゾーンに区切って整備

駐車場の役割を終えた後、跡地はどうなるのか。東京都はすでに再開発の計画を「築地まちづくり方針(概要)」として発表し、その目的を「築地のポテンシャルを生かし、魅力と付加価値を高め、東京の持続的成長につなげていくこと」と明言。国際会議場・展示場「MICE(マイス)」を中心に、「おもてなしゾーン」「交流促進ゾーン」「水辺の顔づくりゾーン」「ゲートゾーン」の4つに区切り整備を進めていくという。

築地市場跡地を4つのゾーンにわけて整備。異なる機能を持たせる方針だ。 出典:東京都「築地まちづくり方針(概要)」
築地市場跡地を4つのゾーンにわけて整備。異なる機能を持たせる方針だ。
出典:東京都「築地まちづくり方針(概要)」

中核となる「MICE」とは、企業の会議(Meeting)、企業等が実施する報奨・研修旅行(Incentive)、国際機関・団体、学会等が行う会議(Convention)、展示会・見本市/イベント(Exhibition/Event)の頭文字を取った略語で、多くの集客交流が見込めるビジネスイベントの総称を指す。この度の再開発では浜離宮恩賜庭園沿いの「おもてなしゾーン」に整備する予定で、ボールルームなどを備えた上質なホテルなどの建設も視野に入れているようだ。他のゾーンにも大規模な集客・交流施設、研究開発施設、広場・緑地などを開発する。都はこれらを東京都2020終了から20年後、2040年代の将来像を示すとし、段階的に適切な機能を順次導入、整備していく方針だ。

新たな地下鉄構想が浮上
沿線地域の活性化にも寄与する?

今回の方針で気になるのは、「都市基盤整備の方針」として、「都市部との連携強化に向け、地下鉄など基幹交通インフラ整備の具体化を図る」と言及している点。計画しているのは銀座エリアから築地を抜け、国際展示場までを結ぶ路線で、JR東日本が進める「羽田空港アクセス線」の一部ともつながり、これにより羽田と築地が直結することになる。実現すると、国際化が進む羽田空港から訪日客を再開発地に運ぶことができ、築地と台場エリアのアクセスも格段に良くなる。ベイエリアの発展に拍車がかかる可能性はゼロでない。

さらに注視すべきは、東京都が跡地に「分譲住宅などの導入は抑制」としていること。これを、カジノを含めた統合型リゾート施設(IR)の誘致を見据えていると指摘する声もある。現状では明確になっていないが、そうすると新線が羽田アクセス線に乗り入れるというのも納得な話。インバウンドとしても空港からカジノ拠点に直接行くことができ、メリットは大きい。

いまは駐車場の整備中で、隣接する築地場外市場は訪日客を中心に人気のエリア。MICEメインの再開発で国内外からの需要は取り込めると思うが、IRが誘致されるとなると、インパクトはさらに高い。歴史ある市場跡地がどのように形を変えていくのか、今後も動向を見守りたい。

健美家編集部(協力:大正谷成晴)

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資ニュース

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ