• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,676アクセス

新しい人気スポット誕生。南町田グランベリーパーク、鶴間公園がオープン

都市計画・再開発/東京 ニュース

2019年11月13日に町田市の新しい再開発エリア、「南町田グランベリーパーク」がオープンした。この地にはもともと、2000年にオープンしたアウトレットモール「グランベリーパーク」があった。同時期には周辺にマンションなども建てられ、アウトレットパーク自体は賑わってはいた。

商業施設と駅が一体になっていることがお分かりいただけよう
商業施設と駅が一体になっていることがお分かりいただけよう

だが、東急の社有地を一時的に利用したという位置づけであり、もう少し恒久的なまちとして検討、開発するべきという声があり、東急電鉄が町田市とまちづくりの推進協定を締結したのが2013〜2014年にかけて。以降検討が重ねられ、実現を見たのが現在の姿である、駅、商業施設、公園が一体となった開発である。そのため、既存のアウトレットモールは2017年に閉鎖されている。

電車を降りると構内がこんな感じに。鉄道の駅とは思えないイルミネーション、作り
電車を降りると構内がこんな感じに。鉄道の駅とは思えないイルミネーション、作り

再開発の対象となったのは約22ha。駅も南町田から南町田グランベリーパークと改名され、終日急行が止まるようになり、東急の本気度が分かるというもの。電車を降りた途端から駅構内とは思えないような階段、スヌーピー像などがあるのも他の駅からすると異色である。

右側に見えているのがギャザリングマーケット。食を中心にしたスペースだ
右側に見えているのがギャザリングマーケット。食を中心にしたスペースだ

商業施設の作り方自体は以前と共通する印象があるが、質的にはだいぶ変わっている。たとえば、以前はアウトレット中心で飲食店は少なく、生鮮食料品店は記憶にないほどだが、今回は施設中央部のギャザリングマーケットが集められており、周辺の人の日常的な買い物ニーズにも応えられるようになっている。

ショッピングモールから鶴間公園方面を見たところ。植栽の向こうに木々が広がり、自然を感じる
ショッピングモールから鶴間公園方面を見たところ。植栽の向こうに木々が広がり、自然を感じる

従来からの骨格を活かし、スポーツ施設、プレイグラウンドなどを整備、新たに作られたクラブハウスを備えた鶴間公園と商業施設の中間にはパークライフ・サイトなる中間地域も作られた。ここには集客施設としてスヌーピーミュージアムがあり、それに繋がるカフェ、地域の人が本を持ち寄る形の図書室があるのもこの一画。町田市発の民間が運営する子どもクラブもある。

北口広場。正面に見えているのは2000年に分譲されたマンション群
北口広場。正面に見えているのは2000年に分譲されたマンション群

さらに地域周辺も整備されている。駅北口には駅前広場が駅、施設のオープンに先んじて2017年に完成しており、町田駅方面へのバスのほか、空港行のバスの運行もスタートしている。いずれは交番なども作られる予定だ。

南北通路はそれ自体が商業施設でもある
南北通路はそれ自体が商業施設でもある

駅南北を繋ぐ歩行者通路に加え、商業施設、鶴間公園、さらには近くを流れる境川への道なども予定されており、現状ではやや閉ざされた感のある商業施設、公園が開かれていくことになる。

周辺の全体図。これから住む人も増えて行くわけである
周辺の全体図。これから住む人も増えて行くわけである

もうひとつ、大事なのはまちびらき以降に駅近くの利便性の高い敷地を利用、住宅が予定されていることだ。現時点では何も明らかにされていないが、十分に土地のある場所だけにかなりの数の住宅が作られることになるのではなかろうか。

開発地域内に住宅用地が予定されているだけではなく、周辺にも十分開発の余地がある
開発地域内に住宅用地が予定されているだけではなく、周辺にも十分開発の余地がある

さて、この地域だが、国道16号、同246号という幹線道路に近く、さらに東名高速の横浜町田インターからも数分という立地である。これまでは町田駅を中心にバス便を利用する人が多く、国道16号沿いにはスーパーその他の商業施設も集積しているものの、市内中心部に比べると未利用、低利用の土地も散見される。そこに今回の再開発である。今後、住宅も予定されているとすれば、まちを訪れる人だけではなく、ここに住むことを考える人も増えてこよう。

東急田園都市線で渋谷まで40分弱。これまで以上に便利になっているだけに、そして周辺には今後、可能性のある土地もあるだけに、今後の変化には期待がかかりそうだ。

健美家編集部(協力:中川寛子)

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資ニュース

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ