• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

4,204アクセス

その困った”負動産”、0円でリノベーション!「0円! RENOVATION」サービスを開設

リリース/サービス ニュース

2021/06/12 配信

株式会社エンジョイワークスが、不動産価値向上サービス「0円! RENOVATION(ゼロエン! リノベーション)」を開設する。不動産オーナー費用負担0円で一定期間物件を運営。対象物件にリノベーション改修を行い、バリューアップした状態で、不動産オーナーに返却。将来の善きストックとなるよう、価値向上を目指すという。

main
画像提供/エンジョイワークス


■サービス誕生の背景

建物が老朽化し、空室が増えていく。修繕費や固定資産税、都市計画税は増えるばかり。リフォームして稼働率を上げたいのに、資金繰りは不透明。当然金融機関から現状では融資が受けられない。金融機関も価値のあるストックをまちに生み出したいが、先行きは見えない。投資物件として見ても、利回りの低下が止まらない──。

そこで、リノベーション資金等、必要となる資金調達を、株式会社エンジョイワークスが運営する、空き家再生プラットフォーム「ハロー! RENOVATION」の投資型クラウドファンディングで実施。「空き家問題の根幹となっている不動産価値の低下や資金調達の悪循環をとめるだけでなく、好循環に転換させます」と同社。

■サービスの流れ

1) 株式会社エンジョイワークスが事業計画とプランニングを提案。不動産オーナーと、費用負担0円で定期 建物賃貸借契約を締結。

2) 対象物件の認知促進、物件へ継続的に関わる人を発掘することを目的に、イベント等を実施。

3) 「ハロー! RENOVATION」の投資型クラウドファンディングによる資金調達の実施。

4) リノベーション工事。利用者(入居者)の募集。イベント参加者や投資家が利用者となることも。

5) ファンドによる賃貸運営(5〜8年程度)。賃貸運営期間もオーナーには賃料を支払い。出資者に分配金の支払い。

6) ファンドでの賃貸運営を終え、定期建物賃貸借契約期間満了。収益物件として不動産オーナーに返却。

sub3
画像提供/エンジョイワークス


■サービス事例

1) 使わなくなった実家を、コンセプト型シェアハウスとして収益化

神奈川県葉山町にある一軒家が空いてしまうとのオーナーからの相談を受け、コンセプトを持ったシェアハウスに変更。再利用・収益化できるものへバリューアップ。

sub4
画像提供/エンジョイワークス

2) 稼働率の低くなったビルを、新たなワークプレイスとして収益化

江ノ電「由比ヶ浜」駅から30秒の好立地にある古いビルをリノベーションし、新たなワークプレイス「Satellite YUIGAHAMA」としてバリューアップ。都心の企業のサテライトオフィスとして、あるいは個人のためのもうひとつのデスクとして、海辺の心地よい環境に身を置き、心身の保養を兼ねながら仕事ができる場所として、常に空きのない賃貸物件として運用。

sub1
画像提供/エンジョイワークス

■Webサイト「0円! RENOVATION」の公開

「オーナー負担0円でリノベーションを実施、ファンドで運営し資産価値を向上させましょう。中古アパート・マンション・空き家の管理や空室対策、活用方法として、賃貸経営や相続した空き家を持つ大家さんのお困りごとを解決します」。

サービスの開始にあたり、同社ではWebサイトを公開している。

https://zero.hello-renovation.jp

健美家編集部

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ