• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

コロナ禍、空前のDIY人気 建設業界による新たな提案 余った木材を無償提供する「残材BANK」スタート!

企業告知/サービス ニュース

2021/11/24 配信

奈良・京都南部を中心に注文住宅や不動産などを手掛ける株式会社、楓工務店では、11月から建設現場で出た廃材を、SNSを通じて一般消費者に無償で提供する「残材BANK」のサービスを本格的に開始する。

コロナ禍、おうち時間の過ごし方として自宅でDIYをする人が増えている今、建設現場で余った廃材を無償提供することで、本来捨てられるはずものを必要な人のもとへ届け、建材の廃棄ロスにつなげたいと考えているという同社。先月は、3組限定で残材の希望者を募りテスト運用を実施。今後は月1回のペースで本格的に運用していく予定だ。

■ 建設現場の課題 ―なくならない廃材―

昭和から令和へと、時代の変化により進む技術革新やコストカットによって建物の建築時に出される廃材はかなり削減されてきた。しかし、まだゼロではない…。

建物自体を建てる際に使用する構造材とは別に、木材の切れ端や、僅かではあるが品質基準に満たなかった資材などが出てしまい、廃棄の対象となることが、これまで課題となっていた。

sub1

■11月からスタート!廃材を無償提供!「残材BANK」って?

そこで楓工務店では、廃材を一般消費者に無償で提供する「残材BANK」の取り組み

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ