• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

新しい土地活用のカタチ 空きスペースに冷蔵・冷凍自動販売機計9台で収益化

企業告知/サービス ニュース

2022/01/08 配信

株式会社Cqreeと株式会社Dプランが連携して、計9台の冷蔵・冷凍自動販売機を設置し販売スペースをプロデュース。新しい土地活用のカタチとして、東京都品川区中延にある空き物件を自販機のセレクトショップ『ピッポン!』を本格開始した。

main

■サービスの3つの特徴

・冷蔵、冷凍対応の自動販売機を9台設置、非接触・非対面での購入が可能
・24時間365日営業
・世界、全国から選りすぐりの冷蔵、冷凍商品が買える。

■サービス概要

今回リリースされた自販機のセレクトショップ『 ピッポン!』は、最大商品数は80以上を超え、世界・全国から選りすぐりの冷蔵、冷凍商品を取り揃えている。大阪府難波の行列必至の本格タコ焼き【くれおーる】、必ずキャビアが当たる【キャビアガチャ】など、バリューエーション豊かな商品ラインナップとなる。これまで、中食領域をけん引してきた株式会社Cqreeの飲食ネットワークを使い、全国の有名店の商品を取り揃えている。

■今回の取り組み

自販機のセレクトショップ『ピッポン!』は空き物件、空きスペースの有効活用を目的としている。ピッポンのスペースはもともと空き家だった場所をリニューアルして、冷蔵・冷凍自動販売機を9台設置。空きスペースを収益源の確保ができる場となった。

冷蔵・冷凍自動販売機『ど冷えもん』で販売できる商品は冷凍のお惣菜やアイスなど多岐に渡ることもあり、通常の飲料の自動販売機の10倍の収益率があるという。これまで飲料の自動販売機を置いていた不動産オーナーはど冷えもんを導入することにより、空きスペースを活用した新たな収益源を確保することが可能になる。

同社によると、ど冷えもんの導入メリットは以下のとおり。

1)非接触販売に対応
コロナ禍でもお客様と従業員の安心・安全性を確保した販売方式が可能。

2)無人化・省人化によるコスト削減
電気代は月に約6,000円。単相100V(既存コンセント)でご利用出来る。

3)営業時間外の売上拡大
24時間365日、屋内・屋外でご利用いただけるので閉店中でも売上をキープ。

今回のど冷えもんを活用した自販機のセレクトショップ『ピッポン!』は、同社による新しい土地活用の試みとなり、スペースの活用の第一弾となる。

■商品紹介

・くれおーる
大阪道頓堀行列必至の名物店。 お店で焼き上げたたこ焼・お好み焼が購入可能。
sub2

・キャビア専用自販機
当選確率30分の1!?最高75,000円のキャビアガチャ!
sub3

・ギョーザ共和国
名古屋名物一口餃子が40個で1,000円と全国の餃子を取り揃える。
sub1

健美家編集部

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ