• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

災害時の「在宅避難」に着目した、暮らしから「自助・共助」の力を育む賃貸住宅〜災害配慮型住宅

企業告知/商品 ニュース

2022/10/06 配信

大東建託株式会社は、10月1日より、災害時の「在宅避難」に着目した災害配慮型賃貸住宅として、「ぼ・く・ラボ賃貸 yell(エール)」の販売を開始した。

同社では、防災プロジェクト“防災と暮らし研究室「ぼ・く・ラボ」”の取り組みの一環として、日常時の暮らしが非常時の備えにもなる「フェーズフリー」な賃貸住宅の開発に取り組んでおり、今回の商品は、3月11日に販売を開始した「ぼ・く・ラボ賃貸 niimo(ニーモ)」に続く、第2弾の商品となる。

同社は、災害時に求められる「自助・共助」の必要性と、コロナ禍を背景とした近年の「在宅避難」へのシフトを社会課題として捉え、地域防災を後押しする商品として「備蓄」と「コミュニティー形成」をコンセプトに同商品を開発した。

備蓄をサポートする各種アイテムと、コミュニケーションのきっかけとなり地域防災を後押しするスペースを兼ね備えるだけでなく、災害発生時には非常用電源にもなる太陽光発電設備と蓄電池を設置できる防災オプションも取り入れている。

main

■住民同士が地域の「つながり」を育み、地域防災の一助となる賃貸住宅

同社グループが管理する賃貸住宅は、全国で約120万戸※1、およそ

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ