• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

渋谷区本町にある築48年の一戸建ての空き家を「アキサポステイ初台」として再生!~急回復するインバウンド需要をふまえて

企業告知/その他 ニュース

2024/05/13 配信

不動産の開発事業・リノベーション事業および空き家事業を展開する株式会社ジェクトワンは、東京都渋谷区、京王新線「初台」駅から徒歩7分にある築48年の一戸建て物件を、空き家事業「アキサポ」の空き家活用スキームによって、民泊施設「アキサポステイ初台」として再生し、4月26日(金)にオープンした。空き家から民泊施設への再生は、「アキサポ」として初となる。

■インバウンド需要の急回復を踏まえ、「民泊施設」への活用を提案

同物件は、所有者が高齢のため施設へ入居し、約5年間空き家状態となっていた。相続予定であった所有者の息子から、そのままでは貸せる状態ではないが、できればお金をかけずに活用したいと、「アキサポ」に相談があったという。

「アキサポの活用」の全額費用負担でリノベーション工事を行う点や、一定期間の転貸後に資産価値が向上した状態で物件が戻ってくることが評価され、アキサポで活用することとなった。

ジェクトワンが現地調査をしたところ、京王新線「初台」駅から徒歩7分と、渋谷や新宿といった観光客にも人気のエリアに近い立地の良さから、宿泊施設として多くの利用者が見込めるエリアであることがわかった。

さらに昨年、新型コロナウイルス感染症に伴う水際対策が終了し、海外旅行客の受け入れが本格化したことで、インバウンド需要が急回復していることを踏まえ、「アキサポ」初の民泊施設として再生する運びとなった。

同物件の再生にあたっては、壁紙の一部に異なる色や柄を取り入れる「アクセントクロス」や比較的グレードの高い設備を導入。また、民泊施設のため、サイズの異なる寝具の設置、連泊やワーケーションにも便利なWi-Fi設備、デスク等の設置など、さまざまな国や年齢の方々が利用することを想定した仕様となっている。

■同物件のBefore/After

居室Before
居室Before
居室After
居室After

キッチンBefore
キッチンBefore
キッチンAfter
キッチンAfter

■民泊施設「アキサポステイ初台」のコンセプト・特長

・連泊やワーケーションに備えたWi-Fi設備、洗濯機、デスク等の設置

・さまざまな国や年齢、性別の方の宿泊を想定して異なるサイズの寝具を配置

・快適な生活ができるように、水廻り設備はグレードの高いものを設置

■「アキサポステイ初台」の概要

名称:アキサポステイ初台

活用用途:住宅宿泊事業(民泊)

物件形態:軽量鉄骨陸屋根2階建

築年数:約48年

所在地:東京都渋谷区本町2-7-9

交通:京王新線「初台」駅 徒歩7分

延床面積:75.24m2

宿泊可能人数:6人

オープン:2024年4月26日(金)

物件詳細URL

また、「アキサポステイ初台」のオープンの他、「アキサポ」の空き家活用スキームによって、武蔵野市吉祥寺の空き家年数約7年の一戸建てを活用した民泊「アキサポステイ吉祥寺」が来月オープン。

同物件は「吉祥寺」駅より徒歩9分というアクセスの良さからインバウンド需要が見込める民泊施設として活用した。老朽化によって天井が落ちてしまうほど雨漏り被害が深刻な状況だったが、アキサポの全額費用負担で修繕することができた。

ジェクトワンでは今後も、空き家の宿泊施設への活用によって、昨今不足しているインバウンド向け宿泊施設へのニーズに対応していくという。

Before
Before
After
After

■「アキサポステイ吉祥寺」の概要

名称:アキサポステイ吉祥寺

活用用途:住宅宿泊事業(民泊)

物件形態:木造スレート葺3階建

築年数:約26年

所在地:武蔵野市吉祥寺南町2-36-5

交通:JR中央線・総武線、京王井の頭線「吉祥寺」駅 徒歩9分

延床面積:81.94m2

宿泊可能人数:6人

オープン:2024年5月15日(水)

URL:未定

健美家編集部

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ