• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

5,967アクセス

全国地価下落率ワースト10は北海道に集中!次いで岡山、広島。下落エリアの洗い出しで新たな「倶知安」を発掘?

調査/基準地価・公示地価・路線価 ニュース

2019/04/16 配信

今年の公示地価を見ると、訪日客の増加に伴うインバウンド需要を反映し、大都市部に限らず地価上昇エリアが地方へと拡大した。北海道スキーリゾートの倶知安町が住宅地・商業地ともに全国地価上昇率1位を獲得。倶知安町は、外資マネーがけん引役となり、リゾート地区の従業員向けの住宅需要と外国人の別荘需要がおう盛であるほか、北海道新幹線の延伸や高速道路事業の着手なども地価を押し上げた。

その一方で、地価の下落率を見ると、商業地のワースト10にも北海道が7地点、住宅地で2地点とそれぞれランクイン。北海道は、日本の地域格差の象徴的な存在となっている。

入稿用公示地価2019年下落率トップ10

国土交通省土地鑑定委員会の分析を見ると、商業地下落率上位である夕張市や美唄市、赤平市は、旧産炭地を中心とした地域であり、過疎化による地域経済の衰退と空洞化が進んで、需要が依然として低迷している。古平町でも、水産加工組合の破綻や地元の建設事業者の倒産などで地域経済が疲弊。地価下落の大きな要因となっている。北海道胆振東部地震の発生も商業地の需要低迷に拍車をかけた。

住宅地では、水産加工業が中心の港町である古平町でも同様に、人口減少と高齢化率の高さが地元経済を停滞させてい

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ