• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,377アクセス

全国の路線価、5年連続プラス、1.6% ただしコロナ長期化で反転も 国税庁、減額修正検討

調査(不動産投資)/基準地価・公示地価・路線価 ニュース

2020/07/01 配信

21都道府県が上昇 沖縄が最大の上げ幅10.5%
インバウンド、再開発が押し上げ

国税庁が1日、相続税・贈与税を算定するための基準となる2020年分の路線価を公表した。全国の約32万地点(標準宅地)の変動率は前年比で全国平均1.6%プラスとなり、5年連続での上昇となった。訪日外国人客(インバウンド)や都市開発の効果で、大都市圏だけでなく地方の都市にも上昇傾向が波及した格好だ。
もっとも、今回の路線価に、新型コロナウイルス感染拡大の影響はほとんど出ていない。経済活動の停滞が深刻になり景気低迷が長引けば、今後、路線価はマイナスに転じる可能性もある。国税庁は、新型コロナの影響で地価(時価)が大きく下がり路線価より低くなれば、路線価の減額修正という異例の対応をとる考えだ。

写真1のコピー

路線価は、1月1日時点の、主要道路に面した土地1平方メートル当たりの評価額を指す。3月に国土交通省から公表される地価公示を踏まえ、不動産鑑定士の意見なども参考にして算出されている。
今年の路線価を都道府県別にみると、上昇したのは21都道府県だった。
上昇率が最も大きかったのは沖縄で10.5%。インバウンド向け施設を作るため,
土地の需要が

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ